劇団4ドル50セントの福島雪菜、初の四人芝居のヒロインに挑戦「ひさしぶりの“生”の舞台です」

2020/09/10 11:52 配信

芸能一般

ナイーブスカンパニー新作公演「グッド・バイ」に出演することが決定した「劇団4ドル50セント」の福島雪菜

ナイーブスカンパニー新作公演「グッド・バイ」に出演することが決定した「劇団4ドル50セント」の福島雪菜

秋元康プロデュース「劇団4ドル50セント」の女優の福島雪菜が、ナイーブスカンパニーの新作公演「グッド・バイ」に出演することが決定した。

本作は、つかこうへいの作品に魅了され演劇の世界に入り、常にオリジナル脚本を公演し続ける、主宰・脚本・演出の高橋広大がプロデュースする第8回公演で、ナイーブスカンパニー「人間四部作」の第二部作と位置づけけられている。

福島は2019年、女優として、舞台「フラガール-dance for smile」や映画「恐怖人形」に出演するなどしたが、四人芝居のヒロインに挑戦するのは今回が初めてとなる。

つかこうへい劇団で、多くの“つか作品”で主要な役どころを演じてきた大石敦士、北区AKT STAGEに所属し、劇団を牽引する草野剛が脇を固める。

良き(=グッド)別れ(=バイ)とはなんなのかを、愛が渇いたこの時代に、ナイーブスカンパニーが描く。

劇団4ドル50セント福島雪菜コメント


舞台「グッド・バイ」浅見役で出演させていただきます、福島雪菜です。

ひさしぶりの“生”の舞台です。お客様と、もちろん共演者のみなさまとも、空間全体が一緒になって、ふだん、感じないことが感じられたり、動かされない心の部分が動かされたり……そんな不思議な経験ができるのが、“生”の舞台の魅力的なところだと思っています。

その部分を改めて大切に、体調管理にも最善を尽くしながら、これからスタートする稽古にはげみたいと思います。

「ナイーブスカンパニー」主宰・脚本・演出 高橋広大コメント


ナイーブスカンパニー結成十年目にあたる今年、依然、厳しい環境は続いておりますが、この夢のようなメンバーで表現の機会を得たことを、大変、光栄に思います。

今作のテーマは「恋」。人生を変えるような恋と出会い、そこから旅立とうとする四人の人生に、ありったけの誠実さをもって、向き合っていこうと思います。

(※「高橋広大」の「高」は、はしごだかが正式表記)

ナイーブスカンパニー第8回公演「グッド・バイ」
10月28日(水)~11月2日(月)
内幸町ホール(東京)

関連番組

関連人物