岩田剛典・新田真剣佑出演「名も無き世界のエンドロール」公開日決定!特報映像や追加キャストも解禁

2020/09/17 06:00 配信

映画

岩田剛典、新田真剣佑ら出演映画「名も無き世界のエンドロール」

岩田剛典、新田真剣佑ら出演映画「名も無き世界のエンドロール」

岩田剛典新田真剣佑らが出演する映画「名も無き世界のエンドロール」の公開日が、2021年1月29日(金)に決定。併せて特報映像とティザービジュアル、追加キャストが解禁された。

名も無き世界のエンドロール」は、行成薫の同名小説が原作。

お互いに親がいないキダ(岩田)とマコト(新田)、そこに同じ境遇の転校生・ヨッチ(山田杏奈)も加わり、3人は支え合いながら平和に生きてきた。

しかし“ある事件”をきっかけに、キダとマコトの人生は大きく変わってしまう。

自分たちの運命を変えた不条理な世の中に復讐(ふくしゅう)するため、キダは裏の社会、マコトは表の社会で10年の時をかけのし上がり、命懸けで一世一代のたくらみを仕掛ける。

この物語には“仕掛け”がある...特報映像解禁!

解禁された特報映像では、名も無き世界でお互いに支え合ってきた幼なじみのキダ、マコト、ヨッチの3人が仲良くじゃれ合う回想シーンが走馬灯のように映し出されるシーンから一変、キダとマコトのシリアスな表情が映し出され、“この物語には仕掛けがある”というメッセージと共に、緊張感あふれるシーンへと移る。

「俺はこのエンドロールを見届けなければならない、なあそうだろ?」と問い掛けながら鋭い表情で一点を見つめるキダの姿と共に、10年かけて、キダとマコトが企てた日本中を巻き込んだ“ある壮大な計画”へのカウントダウンの始まりを告げる時計の秒針の音で映像が締めくくられる演出となっている。

また、ナレーションは、主演の岩田が担当している。

ティザービジュアルでは、“名も無き世界”にいるかのような薄紫色の空の下に、意味深な表情でたたずみ、何かを思い、計画しているようなキダとマコトが切り取られている。

実力派俳優陣が集結! (2/2)

「名も無き世界のエンドロール」
2021年1月29日(金)全国ロードショー
配給=エイベックス・ピクチャーズ
(C)行成薫/集英社(C)映画「名も無き世界のエンドロール」製作委員会
【HP】www.namonaki.jp

■特報映像

関連番組

関連人物