横浜流星“椿”が炎に囲まれ絶体絶命…緊迫の第6話シーン写真解禁<私たちはどうかしている>

2020/09/16 07:00 配信

ドラマ

炎に囲まれ、意識を失っていく椿(横浜流星)のシーン写真が解禁された

炎に囲まれ、意識を失っていく椿(横浜流星)のシーン写真が解禁された

9月16日(水)に第6話が放送となる、浜辺美波横浜流星がW主演を務めるドラマ「私たちはどうかしている」(毎週水曜夜10:00-11:00、日本テレビ系)。今回、炎のなかで倒れ込む椿(横浜)のシーン写真が新たに公開された。

同ドラマは、安藤なつみによる同名漫画をドラマ化した作品。老舗和菓子店・光月庵を舞台に、和菓子職人の七桜(浜辺)と跡取り息子・椿(横浜)の恋愛模様を描く。

互いに初恋の相手だったが、とある事件を境に“容疑者の娘”と“被害者の息子”という立場となってしまった二人。しかしその15年後、七桜は素性を隠して椿と結婚し、母の無実を証明しようと決意する。

光月庵で火事が発生し、椿が巻き込まれる

第6話では、“当主殺害事件”が起こった現場で、七桜は事件の真相を今日子(観月ありさ)に問い詰める。そして、七桜はついに自分が百合子の娘・さくらであることを明かしてしまう。しかし、そこには椿がおり、七桜の話を聞いてしまう。さらに、光月庵で火事が発生。

解禁となったシーン写真には、炎に巻き込まれた椿が倒れ込む姿が。七桜の裏切りを知ってしまった椿は、炎によって遠のく意識の中で、思いを馳せる。

第6話、七桜(浜辺美波)は樹の部屋で今日子(観月ありさ)の姿を目撃 (2/2)

水曜ドラマ「私たちはどうかしている」
毎週水曜夜10:00-11:00
日本テレビ系で放送

◆2020年秋ドラマ一覧!◆
2020年秋ドラマまとめ

関連番組

関連人物