AKB48清水麻璃亜が厳しく演出「“痔を治してあげよう”という気持ちでやった!?」劇団「バチこい」旗揚げ

2020/09/18 18:00 配信

バラエティー

清水D(清水麻璃亜)の第一声は「芝居は“間”だから!」

清水D(清水麻璃亜)の第一声は「芝居は“間”だから!」

9月20日(日)放送の「AKB48チーム8のKANTO白書 バッチこーい!」(毎月2回日曜夜11:30-0:00、チバテレ)は、劇団「バチこい」の旗揚げ公演の模様を送る。

演出を手掛ける清水D(清水麻璃亜)は、オーディション会場に“ディレクターファッション”で登場。特に質問をされたわけでもないのに、第一声で「芝居は“間”だから!」とオーディション参加者たち(吉川七瀬岡部麟、高橋彩音、小栗有以小田えりな塩原香凜左伴彩佳)にプレッシャーを掛け、「見てくれている方に勇気や希望、愛など、いろんなものを受け取ってもらえたら」と意気込みを語る。

オーディションで持ち前の美声を聞かせる小田えりな

オーディションで持ち前の美声を聞かせる小田えりな

今回上演するのは、清水Dが部屋の掃除をしていたらランドセルの中から出てきたという、小学生の時に書いた「砂浜の少年」。小学生らしい不思議な世界観を描いた物語となっている。

誰からも共感されない“迷言”を連発しながらディレクションする清水D。少しでも反抗的な態度を見せるメンバーには「やる気がないんだったら出ていって!」と言い放ち、オーディション中も「台本を見てやるの?」とせりふを覚えてこなかった吉川を叱責するなど、強気の姿勢を崩さない。

稽古、そして旗揚げ公演へ (2/2)

「AKB48チーム8のKANTO白書 バッチこーい!」
毎月2回日曜夜11:30-0:00
チバテレで放送
MC=吉川七瀬、鈴木拓
出演=岡部麟、清水麻璃亜、髙橋彩音、小栗有以、小田えりな、塩原香凜、左伴彩佳
HP=http://www.chiba-tv.com/program/detail/1068

◆「AKB48チーム8のKANTO白書 バッチこーい!」はこちら
「AKB48チーム8のKANTO白書 バッチこーい!」ニュースまとめ

関連番組

関連人物