ブレイク寸前!次世代女優の永瀬莉子、田鍋梨々花、秋田汐梨が女子高生の“性”を描く意欲作で共演<「17.3 about a sex」インタビュー>

2020/09/17 07:30 配信

ドラマ

人気急上昇中の3人がドラマ主演!(左から)田鍋梨々花、秋田汐梨、永瀬莉子

人気急上昇中の3人がドラマ主演!(左から)田鍋梨々花、秋田汐梨、永瀬莉子

(C)AbemaTV,Inc.

この秋、ABEMAのオリジナルドラマに禁断の一作が誕生する。その名も「17.3 about a sex」。これまで真摯に語られていなかったが、本当は気になる女子高生の性の話に切り込み、恋にセックスに悩みながらも”オトナ”へと踏み出していく女子3人を、雑誌「Seventeen(セブンティーン)」専属モデルとしても活躍する注目若手女優の永瀬莉子・18歳、田鍋梨々花・16歳、秋田汐梨・17歳が体当たりで演じていく。

ある日、彼氏に家デートに誘われた清野咲良(永瀬)は、世界の初体験平均年齢が17.3歳であることを知る。まさに自分たちの年齢であることを知った咲良は、ファミレスで仲良しの原紬(田鍋)と皆川祐奈(秋田)に「正直、どう思う?早くない?」と疑問を投げかける。このことをきっかけに、咲良は何も知らなかった“性”のことを勉強すると宣言するのだった。

まさに今、社会問題にもなっている“性教育”に正面から挑む「17.3 about a sex」に出演する永瀬、田鍋、秋田の3人に今回の作品について語ってもらった。

――まず、今回の作品のテーマを聞いた時の感想を教えていただけますか?

田鍋梨々花「最初は驚きが大きかったです」

永瀬莉子「私も最初は戸惑いました」

秋田汐梨「私は大丈夫なの?と思いました」

田鍋「でも、内容を知っていくうちにリアリティを感じて、現実をドラマにしたようなお話だなと思いました」

永瀬「ただ、この作品の中で伝えている“性”のことって、知らない同世代の子が多いと思うんです」

秋田「だからこそ、問題視されている性のことを若い世代の方に届けることに意味があるんだということをプロデューサーさんから聞いて、本当にそうだなと思いました」

永瀬「この作品を通して、そうしたことを知ってもらえる機会を得られたことにやりがいを感じています」

田鍋「それに本当に知らないことばかりだったので、とても勉強になると思いました」

この役のために「髪を30cm切りました!」 (2/4)

「17.3 about a sex」
9月17日(木)スタート、毎週(木)夜11:00-
(初回配信のみ1話から3話を一挙配信、以降1話ずつ配信)
ABEMA SPECIALチャンネルで放送

【9月17日(木)夜11:00-】「17.3 about a sex」#1~3
ABEMA「17.3 about a sex」


■特報映像&アーカイブはこちらから
ABEMA「17.3 about a sex」


→ABEMAで他の「ドラマ」を見る

関連番組

関連人物