三浦春馬さん主演の映画「天外者」が12月公開決定! “五代友厚”らの場面写真&ポスタービジュアルも解禁

2020/09/24 06:00 配信

映画

映画「天外者(てんがらもん)」の公開が決定した

映画「天外者(てんがらもん)」の公開が決定した

三浦春馬さんが“日本の未来を切り開いた男”五代友厚役で主演を務める映画「天外者(てんがらもん)」が、2020年12月11日(金)に全国公開されることが決定。このたびポスタービジュアル、場面写真、主要キャスト及び監督など詳細が発表された。

同作の企画スタートは2013年。五代友厚の「思い」と「志」を次世代に継承するべく製作総指揮の廣田稔氏をはじめ、市民有志が立ち上げた「五代友厚プロジェクト」が映画化に向けて尽力し、長い歳月を経て悲願の映画公開が実現した。

脚本・小松江里子と監督・田中光敏がタッグを組み、五代友厚の壮大なスケールを現代に体現するため、入り組んだ時代背景と膨大な関連人物の中からオリジナルストーリーを誕生させた。

今回三浦春馬さんが演じるのは、激動の幕末から明治初期、日本の未来のために駆け抜けた男・五代友厚。武士の魂と商人の才を持つ彼は、薩摩藩士から明治政府役人を経て実業家となり、今日に続く商都・大阪の基礎を作り上げた人物だ。

タイトルにもある「天外者(てんがらもん)」というのは、五代のことで、“すさまじい才能の持ち主”という意味。そんな偉人を三浦春馬さんが“すさまじい演技”で体現する。

また、五代を取り囲む盟友・坂本龍馬を三浦翔平、龍馬と共に現れ後に三菱財閥を築く岩崎弥太郎を西川貴教、そして初代内閣総理大臣となる伊藤博文の若かりし頃を森永悠希が演じる。

さらに五代の両親役として生瀬勝久筒井真理子が脇を固める他、五代の繊細さや優しさを引き出す遊女・はる役に森川葵、五代の志のよき理解者であり、妻・豊子を蓮佛美沙子が演じる。

同作では、三浦春馬さんをはじめ実力派キャストが集結し、“知られざる偉人”五代の熱い人生を、近代日本の夜明けと共に瑞々しく壮大な青春群像劇として描く。

キャスト陣のコメントへ (2/4)

映画「天外者(てんがらもん)」   
2020年12月11日(金)より、東京・TOHOシネマズ日比谷ほか全国ロードショー

出演:三浦春馬、三浦翔平、西川貴教、森永悠希、森川葵、蓮佛美沙子、生瀬勝久ほか 
監督:田中光敏 脚本:小松江里子
(C)2020 「五代友厚」製作委員会
配給:ギグリーボックス
公式HP:https://tengaramon-movie.com/

関連人物