唐沢寿明&仲間由紀恵 対談インタビュー「『24』はDVD-BOXを2つ持ってるくらい好き!」

2020/09/24 06:00 配信

ドラマ

「24 JAPAN」地上波メインビジュアル解禁

「24 JAPAN」地上波メインビジュアル解禁

唐沢寿明が主演を務める、テレビ朝日開局60周年記念 連続ドラマ「24 JAPAN」(テレビ朝日系)が、10月9日(金)より放送される。

原作は、アメリカ連邦機関CTU(テロ対策ユニット)の捜査官ジャック・バウアー(キーファー・サザーランド)が、凶悪なテロ事件と戦う姿を描いた米国ドラマ「24」(邦題:「24-TWENTY FOUR-」)。2001年に放送を開始するや、1シーズン(全24話/24時間)をかけて1日の出来事をリアルタイムで描くスピーディーかつスリリングな展開で視聴者を圧倒し、世界的大ヒットシリーズとなった。

その「24」を、テレビ朝日が20世紀FOX社と組んでリメイク。“米国史上初のアフリカ系アメリカ人大統領”が誕生するまでの24時間を描写したオリジナル版のシーズン1をベースに、初の日本版リメイク「24 JAPAN」では“日本初の女性総理”が誕生するまでの24時間を克明に描く。

唐沢が演じる日本版ジャック・バウアー=獅堂現馬(しどう・げんば)が、仲間由紀恵演じる日本初の女性総理候補・朝倉麗(あさくら・うらら)の暗殺計画を阻止するという極秘任務に挑む。

劇中ではほとんど同じシーンがなく、まだ共演シーンを撮影していない唐沢と仲間だったが、このポスター撮影の際、唐沢と仲間にそろってインタビュー。“「24 JAPAN」やお互いに対する思い”と“撮影の手応え”、“共シーンの撮影に向けての期待”などについて聞いた。

「昔から『24』が大好き!DVD-BOXを2つ持っている」(唐沢)

――世界的大ヒットシリーズ「24」史上初となる日本版「24 JAPAN」への出演が決まったときのお気持ちを教えてください。

仲間「オリジナル版の『24』は、私もすごくハマったドラマだったんです。当時、私は何かの作品の撮影中だったと思うのですが、朝までずっと見てしまうくらい、ストーリーに引き込まれました。それほど大好きだったドラマの日本版からお声を掛けていただいて、すごく光栄でした。役が総理大臣候補という、とても大きな役でしたので、不安もありましたが、頑張って撮影に取り組んでおります」

唐沢「最初に頂いた企画書に書いてあった『24 JAPAN』というタイトルを見たとき、『24』風のドラマを作るのかと思ったんです。そうしたら、リメイクだというじゃないですか。すごく驚きました。と同時に『自分でよかったら、やりたい!』と思いました。僕はDVD-BOXをすでに買ったのに、また忘れて新しいものを買ってしまうくらい、昔から『24』が大好きでしたから!」

仲間「えーっ、DVD-BOXを2つ持っているんですか!? 本当にお好きなんですね」

唐沢「ただ、ドラマ自体はオンデマンドで見ているので、DVDでは見ていないんですよ。ただただ、コレクションとしてBOXが欲しいという(笑)」

仲間「もう完全なるファンですね(笑)」

「前回共演したときと印象がまったく違って見えた!」(唐沢) (2/3)

テレビ朝日開局60周年記念ドラマ「24 JAPAN」(全24話)
10月9日(金)スタート
毎週金曜夜11:15-0:15
テレビ朝日系で放送
※一部地域では放送時間が異なる
【HP】tv-asahi.co.jp/24japan/

関連番組

関連人物