沢村一樹がミステリアスな天才外科医役でテレ朝“木9”ドラマ初主演!

2011/09/08 14:17 配信

ドラマ

“ちょいワル”天才外科医を演じる沢村一樹

“ちょいワル”天才外科医を演じる沢村一樹

テレビ朝日系で、ことしの10月からスタートする木曜9時枠の新ドラマが、沢村一樹主演の「DOCTORS~最強の名医~」に決定したことが分かった。患者を救うためには手段を選ばない外科医を演じる沢村は「相良という医師は、病院を良くしていくためにさまざまな手段を取るのですが、ドラマを見てくださるいろんな環境に置かれている方が、自分に置き換えて見てくださるといいなと思っています」と心境を語った。

同作は経営のことばかりで医師たちの本当の姿が見えない院長、患者の死に何も感じない外科医、株に夢中な外科医ら、使命を見失った医師ばかりが集まる総合病院に、沢村演じる天才外科医・相良が“メス”を入れる本格医療ドラマ。医師である前に真っ当な人間でありたいという信念を持った相良医師が、ほかの医師たちと対立を繰り返しながら腐りかけた病院の再生に挑む。ときに巧妙に、ときに非情とも思える手段で弱きを助け、強きをくじいていく。

相良と対立する外科のエース・森山役に高嶋政伸、理想と現実のギャップに悩む看護師・宮部を比嘉愛未、院長として経営に頭を悩ませる堂上を野際陽子が演じるなど、実力派のキャストが顔をそろえた。脚本は'10年に放送された大河ドラマ「龍馬伝」(NHK総合)などを手掛けた福田靖氏の書き下ろしの新作で、ほかに黒川智花、滝沢沙織、敦士、伊藤蘭らが出演する。

沢村は「今回は医師の役、病院ドラマということで『命を扱う』という部分も多くあるとは思うのですが、そういう部分だけでなく現代の医療が抱える問題、病院や医師が抱える問題なども浮き彫りにした、ある種『病院という組織』『組織の中の医師』というところを描いている作品だと思います。これまでたくさんの医療ドラマがありましたが、その中でも異色なものを作りたいと思って頑張っていますので、ぜひお楽しみに」とアピールした。

テレビ朝日の三輪祐見子プロデューサーは「沢村さん演じる外科医・相良は、腕は優秀で患者さんにも優しい。しかし、一見頼りなさそうにニコニコ笑って登場する主人公がひょう変。医師としてあるまじき行為をする同僚医師を容赦なく騙し、脅し、斬っていきます。そんな外科医を沢村さんがひょうひょうとした雰囲気で演じていきますのでご期待ください」と胸を張った。

「DOCTORS~最強の名医~」
10月スタート
毎週木曜夜9.00-9.54 テレビ朝日系で放送