膳場貴子キャスターインタビュー「『報道特集』はテレビの良識を担う番組だと思っています」

2020/10/10 09:00 配信

芸能一般

膳場貴子キャスター(TBS「報道特集」)
膳場貴子キャスター(TBS「報道特集」)撮影=阿部岳人


報道・ドキュメンタリー番組「報道特集」(毎週土曜昼5:30-夜6:50、TBS系)が、2020年10月、放送40年を迎えた。1980年10月に「JNN報道特集」として放送を開始して以来、『調査報道』にこだわり、当事者の証言を得て、真実を伝えることを使命としてきた同番組。2016年4月より金平茂紀日下部正樹両キャスターと共に「報道特集」を担当する膳場貴子キャスターに、番組や携わるスタッフへの思いをインタビューした。

――まずは、膳場キャスターが子どもの頃に見ていた「報道特集」の記憶を教えてください。

とてもおぼろげですが、「報道特集」といえば、料治直矢さん(1997年まで「JNN報道特集」キャスターを務めた)が思い浮かびます。外見も声も迫力があり、社会問題に切り込んで事実を明らかにしていく姿を、子ども心に「カッコいい」と思っていました。

おかしなことには声を上げ、力ある者に対してもひるまない。大人とはこうあるべきだ、と子どもながら感じていた気がします。大人の番組といえば「報道特集」、そんなイメージを抱いていました。

――その番組に携わることになった時、どんな思いを抱きましたか?

うれしかったです。それまで10年近くTBS「NEWS23」で仕事をしていたので、フロアの同じ「報道特集」にどんなスタッフがいて、どれだけ熱量がある番組であるかは分かっていました。このチームで仕事ができるのは、階段を一つ上らせていただくようで、とても光栄なことだと思ったのを覚えています。

――それから4年半、番組ではどんなことを心掛けていますか?

報道特集」は、ディレクターとキャスターが取材したVTRを基軸とする番組なので、なるべく取材に出るよう心掛けています。それ以前は、スタジオを回し、生放送のスタジオでゲストから話を聞き出す役割を長く担っていたので、そこは大きく意識を切り替えました。

キャスターの金平さん、日下部さんは現場取材のエキスパートで、キャリアはとてもかないませんが、私にも果たせる役割があるように思います。お二人とも海外支局長を歴任しているので、外信ニュースはお二人のテリトリー。国内ニュースは3人全員で取り組み、中でも私は、教育関係や社会保障、医療や福祉に関心があるので、そこを担っていこうと思っています。

「報道特集」
毎週土曜昼5:30ー夜6:50、TBS系で放送
キャスター:膳場貴子、金平茂紀、日下部正樹
スポーツキャスター:齋藤慎太郎(TBSアナウンサー)
製作著作:TBS
制作プロデューサー:辻真
番組プロデューサー:吉岡弘行
編集長:曺琴袖
「報道特集」YouTube
「報道特集」公式Twitter @tbs_houtoku

関連番組

関連人物