松本穂香が明かす「私がちょっと変なのかもしれないんですけど…(笑)」

2020/10/07 18:03 配信

映画

こんこんポーズで撮影に応じる松本穂香、奈緒、角川春樹監督
こんこんポーズで撮影に応じる松本穂香、奈緒、角川春樹監督


松本穂香が主演を務め、奈緒らが出演する映画「みをつくし料理帖」が10月16日(金)から公開。7日に大ヒット祈願祭が東京・神田明神で行われ、松本、奈緒角川春樹監督が出席した。

本作の中ではさまざまな料理が登場。お気に入りの料理を聞かれると、松本は「この映画の中ですごくお出汁が大事になっているので、茶碗蒸しが好きですね」と答えた。

奈緒は「衝撃を受けたのがところてんでした。すごくシンプルなお料理なんですけど、私は九州の出身なので酢醤油で食べていて、甘いところてんは初めて食べたので、そのおいしさに感動しました」と明かした。

また、角川監督は「今回の料理は、服部幸應さんの料理学校で監修をしていただいたのですが、私は実は食べてなくて。だいたい窪塚(洋介)ばかりが食べていた印象なんですね。あいさつも『おつかれさま』ではなく『ごちそうさま』って帰っていきましたから」と暴露。

報道陣の笑いを誘った後、「私はもっぱら蕎麦を食べていました。今回蕎麦の監修をしてもらった『たかさご』の蕎麦ですね」と語った。

【写真を見る】撮影のことを振り返る奈緒と松本穂香
【写真を見る】撮影のことを振り返る奈緒と松本穂香


さらに、松本が大阪、奈緒が福岡出身ということで、「上京して味の違いに違和感を感じたことは?」と質問が飛んだ。

これに、松本は「私がちょっと変なのかもしれないんですけど、いまだに感じてないんですね(笑)。あまり敏感な方じゃないのかもしれないですが、東京もおいしいものがたくさあるなって。これから(違和感を感じることが)あるかもしれないです」と苦笑。

奈緒は「一番最初に来た時に、一人暮らしを始めてお料理をして、実家で作っていた味と違ったんです。お醤油が全然違うと気付きました。九州の醤油はちょっと甘いので。今は母と一緒に暮らして、九州のお醤油を使ってお料理を作っています」と明かした。

ほか、得意な料理も聞かれ、「煮物とかですね。和食系は作ります」という松本に対し、奈緒は「たこ焼き(笑)。最近よく作ってます」と笑顔で答えていた。

映画「みをつくし料理帖」
10月16日(金)全国公開
出演=松本穂香 奈緒 若村麻由美 浅野温子 窪塚洋介 小関裕太 藤井 隆
   野村宏伸 衛藤美彩 渡辺典子 村上 淳 /永島敏行 反町隆史 榎木孝明 鹿賀丈史
   薬師丸ひろ子 /石坂浩二(特別出演) /中村獅童
製作・監督=角川春樹
脚本=江良至、松井香奈、角川春樹
原作=髙田郁「みをつくし料理帖」(角川春樹事務所)
主題歌=手嶌葵「散りてなお」作詞・作曲:松任谷由実、編曲:松任谷正隆(ビクターエンタテインメント)
料理監修=服部幸應
音楽=松任谷正隆
制作統括=遠藤茂行
制作=楽映舎
公式サイト=https://www.miotsukushi-movie.jp/
公式Twitter=@EigaMiotsukushi
(C)2020映画「みをつくし料理帖」製作委員会

関連番組

関連人物