<科捜研の女>大久保佳代子、沢口靖子との共演に「私の中で『実在しないのでは?』と思っていた、『本当にいたんだ』と感動しました」

2020/10/08 06:00 配信

ドラマ

10月22日(木)にスタートする沢口靖子主演「科捜研の女20」(毎週木曜夜8:00-8:54、テレビ朝日系)の第1話に、大久保佳代子がメインゲストとして出演することが分かった。今回、大久保は、10年前の女生徒殺害を自首してきた元非常勤講師であり、“女優みたいに華やかな名前を持つ、地味な女”を演じる。

大久保佳代子が10月22日(木)放送「科捜研の女」の第1話に出演する
大久保佳代子が10月22日(木)放送「科捜研の女」の第1話に出演する(C)テレビ朝日


同ドラマは、京都府警科学捜査研究所(通称・科捜研)の法医研究員・榊マリコ(沢口)を中心とした、ひと癖もふた癖もある研究員たちが、専門技術を武器に事件の真相解明に挑む姿を描く。

“最新の科学捜査テクニック”と“豊饒な人間ドラマ”が絡みあうハイクオリティーなミステリーとして1999年のスタート時から根強い人気を誇り、現行のテレビドラマでは最も長続いている長寿シリーズとなる。

第1話は、大久保演じる女子高の元非常勤講師・星名瑠璃が突然、「私、人を殺しました」と自首してくるところから物語がスタート。

【写真を見る】10年前の女生徒殺害を自首してきた元非常勤講師を演じる大久保佳代子
【写真を見る】10年前の女生徒殺害を自首してきた元非常勤講師を演じる大久保佳代子(C)テレビ朝日


瑠璃は10年前、当時勤務していた女子高の山岳部の練習中、生徒を滑落させ死亡させたと自白するが、すでに事故死として処理されていたにもかかわらず、彼女はなぜ今になって自首してきたのか、美しい名前とは裏腹に、地味でどこか負のオーラを漂わせる彼女は、本当に生徒を殺害したのか、マリコは科学で供述を裏付けるべく鑑定を開始する。最新科学によって浮かび上がった真実や“光の当たらない女”のゆがんだ感情が絡まった事件の謎が次第にあぶり出されていく。

「科捜研の女」
10月22日(木)スタート
毎週木曜夜8:00-8:54
テレビ朝日系にて放送
◆2020年10月秋ドラマ一覧!◆

10月スタート秋ドラマまとめ

関連番組

関連人物