SKE48「~12公演一挙披露祭~」現地取材で印象に残った“12のこと”<コラム・後編>

2020/10/10 09:35 配信

アイドル

「ラムネの飲み方」公演
「ラムネの飲み方」公演(C)2020 Zest,Inc.


10月3日から5日にかけて、劇場デビュー12周年を記念したイベント「SKE48 12th Anniversary Fes 2020 ~12公演一挙披露祭~」を開催したSKE48。今年の周年イベントは新型コロナウイルス感染対策のため配信イベントとして行われ、ファンはカメラ越しにイベントを楽しんだ。だがもちろん、フレームの外にいるメンバーも気を抜くことなく魅力的なパフォーマンスを披露していた。

そこで今回は、カメラに映っていたことも映っていなかったことも併せて、3日間の現地取材で印象に残った“12のこと”をピックアップ。

後編では、久しぶりにパフォーマンスを実際に見て目を引かれたり、MCでいいキャラクターをしてるなと思ったりした6人のメンバーについて触れていきたいと思う。

【7】パフォーマンスが妙に艶っぽくなっていた青木詩織


青木詩織(「0start」公演)
青木詩織(「0start」公演)(C)2020 Zest,Inc.


本番数日前にメンバー休演に伴って、初日の「0start」公演への出演が発表された青木詩織。序盤の「ウッホウッホホ」でのゴリラ役で早くも見せ場が訪れたが、気になったのは12曲目の「ホワイトデーには」を後列最下手で歌っていたときのこと。

何曲か前にゴリラを演じ、昨年の「ミッドナイト公演」ではファンの“目”を気にした発言をしていたはずの青木のダンスが、妙に艶っぽい。

以降もそう感じるシーンはたびたびあったが、2日目に「僕の太陽」公演のユニット曲で山内鈴蘭、福士奈央と共に「愛しさのdefense」を披露していたのを見て、「このユニットの影響か?」と思っている。

【8】止まっているところもパフォーマンス 鎌田菜月の所作の美しさ


鎌田菜月(「制服の芽」公演)
鎌田菜月(「制服の芽」公演)(C)2020 Zest,Inc.


パフォーマンスというと、激しく踊っている姿をイメージしがちだが、止まっているところももちろんパフォーマンスの一部。

そういうところは歌割りでないことが多いため、カメラに抜かれることは少ないかもしれないが、「制服の芽」公演の「合格Kiss」など、止まってポーズを取るところでは鎌田菜月の所作の美しさが際立っていた。

【9】スタイルの良さを思い出させられた日高優月


日高優月(「制服の芽」公演)
日高優月(「制服の芽」公演)(C)2020 Zest,Inc.


初日公演後の囲み取材で須田亜香里が「制服の芽」公演について「露出度の高い衣装が多い公演」と話していたが、同公演の「水のないプール」を見て、日高優月がスラッとしていてスタイルが良いなという印象を受けた。

“最強の同級生”という親しみやすいキャラや、インスタグラムなどで見る服装もラフな格好が少なくないこともあってか、イメージがあまり結びつかないかもしれないが、確かに以前も何かでそう感じたことがあった気がするのを思い出した。

◆アイドルたちの最新情報はこちら!↓↓◆


関連人物