嵐が「今の状況の中で何ができるか?」に立ち向かってきた“2020年現在”<ARASHI's Diary -Voyage->

2020/10/13 11:00 配信

芸能一般

「ARASHI’s Diary -Voyage-」最新話が10月19日(月)に配信決定

「ARASHI’s Diary -Voyage-」最新話が10月19日(月)に配信決定

に密着するNetflixオリジナルドキュメンタリーシリーズ「ARASHI's Diary -Voyage-」の第15話「2020年」が10月19日(月)昼4時に、第16話「OHNO’s Diary」が10月31日(土)昼4時にそれぞれ全世界独占配信される。

第15話「2020年」ストーリー


第15話では、2019年の大みそかに行われた、櫻井翔が白組司会、が大トリの大役を務めた「第70回NHK紅白歌合戦」(NHK総合ほか)を終え、「ジャニーズカウントダウンライブ」へと向かう移動車の中で迎えた“2020年”を、の活動とコメントで振り返る。

1月に始まっていた国立競技場公演、中国・北京公演へ向けての打ち合わせ。デジタル解禁、世界進出に向けての活動も本格化し、ロサンゼルスでのミュージックビデオ撮影、レコーディング、打ち合わせなど、多忙ながら楽しそうな5人の様子が見て取れる。

そんな中、2月中旬、新型コロナウイルスが世界的に感染拡大し、中国・北京公演を中止するという苦渋の決断をすることに。

4月には緊急事態宣言が発令され、東京オリンピックの1年延期が決定。この状況でもファンに「何か楽しいことを届けられたら」と、いち早くインスタライブ配信に踏み切り、その後もリモート紙芝居、ワクワク学校オンラインなど、次々と「今、自分たちにできること」を発信し続けた。

しかし、並行して準備を進めていた国立競技場公演も難しい状況になってしまい、自分たちの力ではどうにもできない厳しい現実に悔しさをにじませながらも、決して諦めずに、ひたすらに前を向き、らしく「今の状況の中で、何ができるか?」に立ち向かい続けた“2020年現在”の5人の軌跡を追う。

Netflixオリジナルドキュメンタリーシリーズ「ARASHI's Diary -Voyage-」
Netflixにて全世界独占配信中

【出演】相葉雅紀、松本潤、二宮和也、大野智、櫻井翔
【演出】原田陽介
【エグゼクティブ・プロデューサー】
藤島ジュリーK.
坂本和隆 (Netflix コンテンツ・アクイジション部門ディレクター)
【エピソード】全20話以上 (毎月不定期配信予定)

【HP】https://www.netflix.com/嵐

■『ARASHI’s Diary -Voyage-』第15話 予告編 - Netflix
URL:https://youtu.be/26-wSnRB-NY

■『ARASHI’s Diary -Voyage-』第16話 予告編 - Netflix
URL:https://youtu.be/3iJEVk7buOs
◆【ジャニーズ番組まとめ】はコチラ◆

ジャニーズ番組まとめ

関連人物