<西野亮廣>ゴミ人間〜『えんとつ町のプペル』誕生の背景と込めた想い〜「『面白い』を基盤から作る」【短期集中連載/第8回】

2020/10/12 19:30 配信

映画

映画『えんとつ町のプペル』(12月25日[金]公開予定)誕生の背景とそこに込めた想いを語る連載第8回
映画『えんとつ町のプペル』(12月25日[金]公開予定)誕生の背景とそこに込めた想いを語る連載第8回


芸人、絵本作家ほか、ジャンルの垣根を飛び越えて活躍する西野亮廣。2016年に発表し50万部を超えるベストセラーとなっている絵本『えんとつ町のプペル』だが、実は映画化を前提として設計された一大プロジェクトだった。構想から約8年、今年12月の映画公開を目前に、制作の舞台裏と作品に込めた“想い”を語りつくします。第8回目は、『えんとつ町のプペル』という圧倒的にオリジナルな作品を生み出すために設計した「制作基盤」、そしてそこを貫く「思想」を明らかにします。

【画像を見る】映画『えんとつ町のプペル』より。10月20日(火)に声優陣、90秒の本予告、主題歌などが発表され、遂に全貌が明らかになる
【画像を見る】映画『えんとつ町のプペル』より。10月20日(火)に声優陣、90秒の本予告、主題歌などが発表され、遂に全貌が明らかになる


作品をどこから作るか


「作る」とは何か? つまるところそれは、「作者が思い描いた世界を具現化し、お客さんの手元に届けるまでの作業」であり、あるときから僕は、具現化以降の「届ける作業」を他者に委ねてしまった作品を「未完成品」と呼び、「届ける作業」を他者に委ねる行為を「育児放棄」と呼ぶことにしました。

自分が生み出し名前をつけた作品は、ボロを着てでも、泥水をすすってでも、日本中から殴られてでも、お客さんの手に届ける……それこそが親の務めだと信じて、今日もせっせと届けています。『キンコン西野のサイン本屋さん』というオンラインショップを立ち上げ、そこでサイン本の受注を取り、毎朝、絵本にサインを入れて、梱包し、配送。

小細工などありません。胸を張って言えるのは、僕が世界で一番サイン本を作っているということ。親が子に御飯を作ることを「努力」と呼ばないように、こんなものは努力でも何でもありません。だって、せっかく生まれた作品です。届けたいじゃないですか。

作品の完成を「お客さんの手に届くまで」とすると、販売に口を挟むことになるので、一部の方々から「商売人」と揶揄されることもあります。なんとでも言ってくれ。そんなことより、僕は、生まれてきた我が子を全力で守りたいです。作品制作の最後の工程を「お客さんの手元に届ける」と決めた後、今度は、「作品をどの段階から作るか?」という問いと向き合いました。

たとえば、キャンバスに絵の具で絵を描く以上、それが立体作品になることはありません。その作品が音を奏でることもありません。同じルールで作られたものは、概ね同じ形になります。

少し踏み込んだ例を挙げると、テレビ番組はスポンサーさんから受け取った広告費を「番組制作費」として、そのお金で作られています。したがって、番組のスケールが、その番組に割り当てられた予算を上回ることはありません。番組の企画会議で、どれだけ面白いアイデアが出ようとも、採用されるのは「広告モデルによって割り当てられた予算が回収できる範囲の企画」に絞られます。スポンサーさんからの広告費から作られる以上、「全編フルCGの番組」など作れないわけです。

同じルールで作られたものは、概ね同じ形になります。したがって「まだ誰もやったことがない面白いモノ」を作るには、ビジネスモデルから再構築する必要があります。人はそれを「ビジネス」と呼びますが、僕は「作品作り」と呼んでいます。発想の具現化に制限をかけていない作品は、発想の具現化に制限をかけなくてもいい「制作基盤」から作らないと生まれません。その基盤を作る作業を「作品作り」と呼ばずに、何と呼びましょうか。

◼︎『映画 えんとつ町のプぺル』ED主題歌(ダンスバージョン)



PROFILE●1980年、兵庫県生まれ。芸人・絵本作家。1999年、梶原雄太と「キングコング」を結成。2001年に深夜番組『はねるのトびら』のレギュラー出演決定と同時に東京進出を果たす。同番組がゴールデン枠に移行した2005年に「テレビ番組出演をメインにしたタレント活動」に疑問を持ち、「自分の生きる場所」を模索。2009年に『Dr.インクの星空キネマ』で絵本デビューを果たす。2016年、完全分業制による第4作絵本『えんとつ町のプペル』を刊行し、累計発行部数50万部を超えるベストセラーに。2020年12月公開予定の『映画 えんとつ町のプペル』では脚本・制作総指揮を務める。クラウドファンディングでの合計調達額は3億8000万円を突破。現在、有料会員制コミュニティー(オンラインサロン)『西野亮廣エンタメ研究所』を主宰。会員数は7万人を突破し、国内最大となっている。芸能活動の枠を越え、さまざまなビジネス、表現活動を展開中。

◼︎オンラインサロン「西野亮廣エンタメ研究所」
https://salon.jp/nishino
西野が考えるエンタメの未来や、現在とりかかっているプロジェクトを先んじて知れたり、場合によってはクリエイターとして強引に参加させられたりする国内最大の会員制のコミュニケーションサロン。コワーキングスペース「ZIP」の利用やサロンメンバーだけでの特典も多数。

関連人物