高槻かなこの多面性が伝わる一枚にーーシングル「Anti world」を語る

2020/10/15 18:00 配信

芸能一般

シングル「Anti wolrd」でソロデビューを果たした高槻かなこ
シングル「Anti wolrd」でソロデビューを果たした高槻かなこ


テレビアニメ『ラブライブ!サンシャイン!!』の国木田花丸役やスクールアイドルグループ・Aqoursの一員として知られる高槻かなこが、10月14日にシングル「Anti world」でソロデビューを果たした。シングルの表題曲は、10月2日からスタートしたテレビアニメ『100万の命の上に俺は立っている』のオープニングテーマとして書き下ろされたもの。17歳でアニソンシンガーになることを決意した彼女がそこから10年の歳月を経て、アニメのテーマソングで満を辞してデビューを遂げることになる。

歌詞のもととなるメモのストックは10年分ある


高槻は歌のみならず、このシングルに収録された全3曲の作詞を手がけているが、作詞を始めたのはアニソンシンガーを志したのと同時期だったという。

「『アーティストといったら自分で歌詞を書くよね?』ぐらいの軽い気持ちで、携帯にメモをし始めて。自分が思ったことやふと思いついたこと、人から言われていい言葉だなと思ったことを書き残して……基本的には自分の経験や妄想ばかりですね(笑)。それをもとに、歌詞を書くようにしています。なので、ストックは10年分あるんですよ」

それだけストックがありながらも、今回のソロデビューにあたっては3曲ともゼロからの書き下ろし。しかも、すべてテーマやテイストが異なり、その振り幅の大きさからは彼女の多面性が伝わる。

「まず『100万の命の上に俺は立っている』のために「Anti world」を作ったんですけど、そこからシングルにカップリング曲を2曲入れることが決まって。ひとつ(「I wanna be a STAR」)はちょっとおしゃれな感じにしたい、もうひとつ(「アイシテルは▽グラム?」)はライブでみんなでイエーイって言えるようなかわいらしい曲にしたいと、まずテーマからざっくり決めたんです。私の中の感覚で言うと、「Anti world」は数学っぽいというか、答えが先に出ていて、そこにつながる言葉をどんどん当てはめていく作業だったんですけど、「アイシテルは〜」は読書感想文じゃないけど1行目から思いついた言葉を自由に連ねていく形でした」

※▽はハートマークが正式表記





【オフィシャルホームページ】https://kanako-tktk.com/
【ツイッターアカウント】https://twitter.com/Kanako_tktk
【インスタグラムアカウント】https://www.instagram.com/kanako.tktk/

関連番組

関連人物