<エール>s**t kingzの持田将史、初登場のせりふには「初田自身の思いが込められている」役柄の魅力も語る!

2020/10/16 14:05 配信

ドラマ

s**t kingz・持田将史が“朝ドラ”初登場!

s**t kingz・持田将史が“朝ドラ”初登場!

窪田正孝主演、二階堂ふみがヒロインを務める連続テレビ小説「エール」(毎週月~土曜朝8:00-8:15ほか、NHK総合ほか※土曜は月~金曜の振り返り)にて、ダンサーとしても活躍する持田将史が登場した。

同ドラマは、「栄冠は君に輝く~全国高等学校野球大会の歌~」など数々の名曲を生み出してきた昭和の音楽史を代表する作曲家・古関裕而氏と、妻で歌手としても活躍した金子(きんこ)氏をモデルに、音楽と共に生きた夫婦の姿を描く物語。

第90回(10月16日放送)の終盤では、劇作家の池田(北村有起哉)がNHK放送局のラジオプロデューサー・初田(持田)の元へ戦災孤児を題材としたラジオドラマの企画書を持ち込むシーンが放送され、今後の裕一の運命が大きく動き出していく様を予感させた。

持田演じる初田は、戦後日本のドラマの原型を作っていく人物。初登場のシーンではその特徴的な話し方と、池田に対する少々調子の良い態度と言葉が印象に残った視聴者も多いのではないだろうか。

持田は、世界的なダンスパフォーマンスグループs**t kingzのリーダー、shojiとして活動しており、ドラマへの出演は日曜劇場「半沢直樹 第2シリーズ」(TBS系)以来2作品目。話題作への出演が続き、注目を浴びている。

演じる初田を「世の中をラジオで明るくしたかった」人だと語る持田にWEBザテレビジョンでは、インタビューを実施。朝ドラへの出演が決まったときの思いや、初田の魅力などを聞いた。

持田将史インタビュー

――「エール」への出演が決まった時のお気持ちはいかがでしたか?

もともと「エール」を視聴者として拝見していて、第1話のフラッシュモブのシーンを見て、ダンサーとして振付で関わりたかったなぁ…と思っていました。この時は、まさか自分が「エール」に役をいただけて出演できるなんて思っていなかったので、本当に幸せだなと思いました。

最初に聞いたときは、とてもうれしくてジャンプして、ターンして喜んだのですが(笑)、自分がこれまで見ていた作品に登場することが想像できなくて、僕自身も放送を楽しみにしています。

演じる初田の魅力は? (2/2)

連続テレビ小説「エール」
毎週月~土曜朝8:00-8:15ほか
NHK総合ほかで放送
※土曜は月~金曜の振り返り

関連番組

関連人物