<人生の楽園>長年の夢をかなえて“ヴィーガン”のパン店を開いた母娘

2020/10/16 20:00 配信

芸能一般

“ヴィーガン”のパン店をオープンした高木富貴子さん(62歳)と、長女の安祥恵さん(38歳)

“ヴィーガン”のパン店をオープンした高木富貴子さん(62歳)と、長女の安祥恵さん(38歳)

10月17日(土)放送の「人生の楽園」(毎週土曜夜6:00-6:30、テレビ朝日系)で、パン作りに奮闘する母娘に密着する。「神無月の参 召しませ 母娘の菜食パン」と題した今回。娘の後押しで、山の中の古民家で念願の“ヴィ―ガン”のパン店をオープンし、自家栽培野菜をふんだんに使ったパンから、竹炭・紅こうじを練り込んだ遊び心あるパンまで、パン作りに励む母娘、そして地域との交流を紹介する。

舞台は埼玉県越生町

集落の端の山の中に建つ古民家の倉庫を改修し、動物性食品を使わない“ヴィーガン”のパン店をオープンした高木富貴子さん(62歳)と、そんな母を後押しする長女の安祥恵さん(38歳)が主人公。

東京都出身の富貴子さんは20代で離婚を経験。以来シングルマザーとして2人の娘を育てた。ベジタリアンだった母の影響を受けた富貴子さんは、40代で移住した広島で“ヴィーガン”のパン店に出合い、店で働きながらその技術を習得。その後関東に戻り、道の駅で“ヴィーガン”のパンを販売した。

ちょうどその頃、国際結婚して韓国に渡っていた祥恵さんが、夫と子どもを連れて里帰りしたときに母と暮らせる家が欲しいと、越生町の空き家バンクで築115年の古民家を見つけて購入。家族でこつこつと修繕し、やがて富貴子さんも移住した。

そして倉庫を改修して、富貴子さんの夢だったパン店を開こうとしたが、資金が底をつき一度は断念。しかし祥恵さんは諦めずに2019年に再び家族と帰国すると、安い資材を買い集めて店舗を完成させた。

そして2020年4月、富貴子さんと祥恵さんは“ヴィーガン”のパン店「パン工房マルピエ」をオープンさせた。

店の営業は水・木・日曜の週3日。菜食主義の富貴子さんと祥恵さんが作る“ヴィーガン”パンは、肉や魚はもちろん、卵や乳製品など動物性食品を一切使っていない。

国産小麦と自家製酵母にこだわり、自家栽培が中心の野菜もふんだんに使う。そして肉の代用となるのが、グルテンや豆腐。

“ヴィーガン”であっても食べ応えがあっておいしいと、地域で評判になっている。また富貴子さんはパン生地に竹炭や紅こうじなどを練り込んで、遊び心のあるパンも作っている。

「人生の楽園」
毎週土曜夜6:00-6:30
テレビ朝日系で放送
※10月17日(土)は#1001「神無月の参 召しませ 母娘の菜食パン」

関連番組