「ロマンス」「すみれ色の涙」「思秋期」「聖母たちのララバイ」も収録の岩崎宏美デビュー45周年記念ライブCD12/2発売

2020/10/16 20:17 配信

音楽

岩崎宏美

岩崎宏美

岩崎宏美のデビュー45周年を記念したライブベストアルバム『LIVE BEST SELECTION 2012-2020 太陽が笑ってる』が、12月2日(水)にCD2枚組でリリースされる。

1975年4月25日、シングル「二重唱(デュエット)」でデビューした岩崎宏美。当時のキャッチフレーズは「天まで響け!! 岩崎宏美」。この言葉通り、抜群の歌唱力と伸びやかな歌声はデビュー時から彼女の武器だ。

2作目の「ロマンス」(作詞・阿久悠、作曲・筒美京平)で第17回日本レコード大賞新人賞をはじめ、数々の新人賞を受賞。

その後「思秋期」(1977年、第19回日本レコード大賞・歌唱賞)、「シンデレラ・ハネムーン」(1978年、第20回日本レコード大賞・金賞)、「聖母たちのララバイ」(1982年、日本テレビ「火曜サスペンス劇場」エンディングテーマとなり、130万枚超の大ヒット)など数々のヒット曲を生み出す。

1987年にはミュージカル「レ・ミゼラブル」に出演。2007年にはチェコフィルハーモニー管弦楽団とのコラボ・アルバム、2016年にはジャズピアニスト・国府弘子と二人だけでレコーディングしたアルバム『Piano Songs』をリリース。2017年には映画「美女と野獣」ポット夫人役としてディズニー映画の声優デビューを果たすなど、幅広い活動を続けてきた。2019年にはカバーアルバム『Dear Friends VII 筒美京平トリビュート』も発表している。

歌唱力に定評のある岩崎宏美だからこそ、ライブ音源によるベストアルバムは注目される。同作では「ロマンス」「思秋期」「聖母たちのララバイ」といった代表曲はもちろん、最近のコンサートでファンに評判の「残したい花について」「いのちの理由」、また「美女と野獣」の楽曲まで、多彩なレパートリーを楽しむことができる。

コロナ禍による活動自粛を経て、2020年8月、半年振りにステージに立った東京・コットンクラブでの最新ライブの音源からも収録されることが発表された。

バンドによる音源だけでなく、国府弘子とのステージなど、岩崎宏美の魅力あふれるライブの歌声を存分に楽しむことができる2枚組。2021年のツアータイトルに決定している新曲「太陽が笑ってる」もボーナストラックとして収録する。

【写真を見る】『LIVE BEST SELECTION 2012-2020 太陽が笑ってる』初回生産限定CDジャケット

【写真を見る】『LIVE BEST SELECTION 2012-2020 太陽が笑ってる』初回生産限定CDジャケット

岩崎宏美のコメントを紹介 (2/3)

『LIVE BEST SELECTION 2012-2020 太陽が笑ってる』岩崎宏美【CD2枚組】
発売日:2020年12月2日(水)
品番TECI-1710 
価格:3,000円(税込)
初回生産限定45周年記念パッケージ
岩崎宏美セルフライナーノーツ付
発売元:(株)テイチクエンタテインメント
※テイチクオンラインでは岩崎宏美直筆イラストがデザインされたトートバッグ付き限定企画を販売。詳しくはテイチクオンラインHPで確認を。https://www.teichiku-shop.com/

関連人物