<麒麟がくる>新章『京~伏魔殿編』へ!滝藤賢一「信長を討つ覚悟が義昭の中にいつできるのか…」

2020/10/18 15:10 配信

ドラマ

義昭(滝藤賢一)がついに上洛!

義昭(滝藤賢一)がついに上洛!

長谷川博己主演の大河ドラマ「麒麟がくる」(毎週日曜夜8:00-8:45ほか、NHK総合ほか)が、10月18日の第28回「新しき幕府」から「京~伏魔殿編」へ突入。足利義昭を演じる滝藤賢一がコメントを寄せた。

同作は、史料がほとんど残っていない20代の明智光秀(長谷川)の青春時代から始まり、織田信長、斎藤道三、今川義元、松永久秀、さらに豊臣秀吉や徳川家康といった英雄たちが天下を狙って戦う群雄割拠の時代を描く物語。

第28回「新しき幕府」では、ついに足利義昭(滝藤)が上洛を果たし、勢いに乗った織田軍は周囲の三好勢を一掃。光秀も活躍が認められ、将軍奉公衆に取り立てられる。

先の将軍・義輝暗殺に関与していた疑いのある松永(吉田鋼太郎)の処分を巡り、織田側と三淵(谷原章介)ら奉公衆の意見が割れるが、義昭は信長(染谷将太)の意見に従うという。その代わりに幕府の政務を、代々将軍に仕えてきた摂津晴門(片岡鶴太郎)に任せることを認めてほしいと条件をつける。そんな義昭に光秀と藤孝(眞島秀和)は、幕府を腐らせてきた張本人とも言える摂津の再起用に胸騒ぎを覚える。

滝藤は、上洛後の義昭について「義昭は幕府の中でさまざまな策略に翻弄されていきます。義昭は“軽いみこし”で、みんな将軍家を軽視しているので、誰も義昭の言うことを聞きません。この後、その中で各大名をまとめて信長を追い込んでいきますが、信長との関係性がどこで狂うのか、信長を討つ覚悟が義昭の中にいつできるのか楽しみです」と語った。

また、今後の見どころを「義昭が振り回されている感じや、いろんなことを周りから言われすぎたせいで彼自身が追い込まれ、バランスが崩れていくところにもご注目いただきたいと思います」とアピールした。

滝藤賢一コメント全文はこちら! (2/2)

大河ドラマ「麒麟がくる」
毎週日曜夜8:00-8:45ほか
NHK総合ほかにて放送

関連番組

関連人物