閉じる

「ラブのほうに行き過ぎてる…」“同部屋バディ”同士の相思相愛ぶりがたまらない<オレイス日記#5日目>

2020/10/20 07:20

中三川(右)は同部屋バディの清水田への「好き。」の思いを爆発させた
中三川(右)は同部屋バディの清水田への「好き。」の思いを爆発させた(C)AbemaTV,Inc.


19人の若手俳優が主役の座を懸けた戦いを繰り広げる合宿形式のオーディションバトル「主役の椅子はオレの椅子」(毎週水曜夜10:00-、ABEMA SPECIAL)。演技に必要な“創造力”の審査が行われた5日目の様子を、メンバーの日記やブログも交えて振り返る。

「なんかBLみたいに…」


5日目の“創造力審査”ではまず、同部屋のバディ同士が向かい合って互いをひたすら褒め合う「褒め合戦」審査が行われた。

「褒め合戦」について、演劇の基礎を教える講師でありオーディションの審査員でもある演出家・丸尾丸一郎(劇団鹿殺し所属)は「演技とは主に相手に伝えること。相手の話を聞くこと。その力を見るために、今から褒め合いをしてもらいます」と狙いを説明した。

一番手は園村将司&飛葉大樹ペア。

「褒め合戦」トップバッターでも動じずラブラブぶりを披露した園村&飛葉
「褒め合戦」トップバッターでも動じずラブラブぶりを披露した園村&飛葉(C)AbemaTV,Inc.


園村が「髪型がウルフカットなところ、めちゃ可愛い!めっちゃ良い!」と攻めれば飛葉も「俺にも言わして?そのまし君はちっちゃい耳が可愛いんよね。耳がちっちゃいんよ」と切り返し、最後は園村が「もう大好き!」と飛葉を後ろから抱きしめる熱烈ぶりを見せた。

放送後にアップされた番組公式ブログでは、当時を回想して園村が「ひばちゃんだったからこそやりやすかったし、本当にひばちゃんでよかったと思った日でした」「ここ4日、5日で思ってることすべてをひばちゃんにぶつけるだけだったので褒めやすすぎました」、飛葉も「ヒバマシ愛、伝わったかな、、」「本当にそのまし君には支えてもらってる」とリアルでも相思相愛ぶりを見せつけていた。

中三川歳輝&清水田龍コンビでは、中三川が清水田に抱きつき「大好き~!」「何か好きなところ言って?」と自ら懇願するなどバディ愛を爆発させた。中三川の様子に、丸尾からは「中三川は魔性の男だね(笑)」と絶賛コメントが飛び出るほど。次々と繰り広げられるバディ同士のリアルな褒め合戦に、丸尾も「ラブのほうに行き過ぎてる」と苦笑い。

スタジオで見守るMC陣は、中三川のバディ愛に当てられた様子。尾上松也は「ナカミーは可愛いわ。あの身長差もカップルっぽかった」、NON STYLEの石田明も「なんかBLみたいになってきてるやん」とコメントしていた。

■「主役の椅子はオレの椅子」
毎週水曜夜10:00~放送
ABEMA SPECIALチャンネル(放送後はABEMAビデオで配信)
▼オーディション出演者19名(※五十音順)
河島樹来、久保雅樹、小林玲雄、清水田龍、志茂星哉、相馬理、曽田陵介、園村将司、髙橋祐理、中塚智、中三川歳輝、新美直己、西原健太、飛葉大樹、松井遥己、松江大樹、三浦海里、森田力斗、谷津翼
■候補者たちのリアル手書き日記は「#5日目」まで公開中!
【HP】リアル手書き日記1~5日目

【配信中】#5「最下位からの華麗なる脱出と脱落者の男泣き」

ABEMA「主役の椅子はオレの椅子」第5話


【配信中】#5「バディ同士の褒め合い合戦 全9組ノーカット版」
ABEMA「主役の椅子はオレの椅子「褒め合戦」ノーカット版」


→ABEMAで他の「バラエティ」を見る

画像一覧
15

関連人物

  • 丸尾丸一郎

  • 尾上松也

  • 石田明

  • 今泉佑唯

  • 生駒里奈

関連ニュース

  • 輝く笑顔に今泉佑唯も“イチコロ”!悲喜こもごもの“ダンス審査”を独占オフショットで振り返る<オレイス日記#4日目>

    2020年10月16日18:15
  • 曽田陵介らが「キュンです」!! 緊張MAX審査とのギャップが楽しいメディア独占オフショット<オレイス日記#3日目>

    2020年10月7日20:00
  • 課題は10kmマラソン&空気イス!19人の汗と涙の1日をメディア独占オフショットで振り返る<オレイス日記#2日目>

    2020年10月7日16:30
  • 尾上松也、ABEMA初MCの番組内容に「僕だったら受けません!」驚くべき過酷な企画とは!?<インタビュー>

    2020年9月16日13:00
  • 19人の若手俳優が厳しいオーディションに挑む!1位には堤幸彦作品への出演権も<主役の椅子はオレの椅子>

    2020年9月3日19:42