「コールドケース3」第4弾ゲスト出演者発表! 黒木華がチャイナドレスを来た謎の母親に!?

2020/10/22 12:00 配信

ドラマ

12月5日(土)よりWOWOWプライムにてスタートする「連続ドラマW コールドケース3~真実の扉~」。このほど、本作の第4弾ゲスト出演者が発表され、ドラマ第7話及び第8話のキャスト陣が明らかになった。

「コールドケース3~真実の扉~」第4弾キャストも豪華メンバーが集結!
「コールドケース3~真実の扉~」第4弾キャストも豪華メンバーが集結!(c)WOWOW/Warner Bros. Intl TV Production


WOWOWが開局30周年記念作品の1つとして放送する本作は、2003年から全7シーズンにわたりアメリカ・CBSで放送された人気クライムサスペンスシリーズの日本版第3弾。

神奈川県警捜査一課の中でチームを引っ張る女性刑事・石川百合(吉田羊)を主人公に、永山絢斗滝藤賢一光石研三浦友和という豪華キャストがさまざまな難事件に立ち向かう姿を描く。

これまで江口洋介、有村架純、岩田剛典、仲村トオル、音尾琢真、山口紗弥加、赤楚衛二ら豪華なゲスト陣が発表されてきたが、今回新たに第7~8話のエピソードとゲストキャスト陣が明らかになった。

白骨化遺体に虐待の跡が…消えた母親の行方を追う!


第7話のタイトルは「思い出の渚」。死後数十年が経過した少女の人骨が橋の袂で発見され、捜査一課の百合(吉田羊)たちが現場へ急行。死因とは異なる骨折の跡が複数あり、虐待されていた可能性が浮上する。

当時の担当医師を訪ねると、50年以上も前にチャイナドレスを着た母親が幼い娘を連れて診察にやってきた際、娘への暴力を止められずに悩んでいたと証言。母親の名前は満智子、娘の名前は渚だという。

その後、白骨遺体の複顔画像を公開したところ、画像の少女を知っているという女性記者・田島岬が捜査一課を訪ねてくる。岬が取り出した古い写真には、白骨遺体の複顔画像そっくりの少女が映っており、「この子は私」だと言う。

母とは幼い頃、教会で別れたまま二度と会うことはなかったが、最後に渡されたペンダントを今でも大切に持っていて、それがこの事件の唯一の手がかりとなるのだった…。

各キャストは、チャイナドレスを着た母親・満智子役に黒木華。手がかりとなるペンダントの持ち主・潮見敏夫役に高杉真宙。満智子の夫である遠藤勇治役に駿河太郎が決定。また、中島ひろ子山路和弘、真野響子も出演する。

果たして殺された少女は一体誰なのか、そして満智子は今どこにいるのか…。少女の死が最も悲しい事件を浮かび上がらせる。

■「連続ドラマW コールドケース3~真実の扉~」
2020年12月5日(土)スタート
毎週夜10:00-終了時間未定
WOWOWプライムにて放送(※第1話無料放送)
https://www.wowow.co.jp/drama/original/coldcase3/

関連番組

関連人物