注目の新人俳優・奥平大兼、“素直さ”と“度胸のよさ”を強みに急成長中!<恋する母たち>

2020/10/23 07:00 配信

ドラマ

「恋する母たち」 (C)TBS
「恋する母たち」 (C)TBS


主演・木村佳乃と吉田羊、仲里依紗という3人の“美しい母”の恋愛模様を描く金曜ドラマ「恋する母たち」(毎週金曜夜10:00-10:54、TBS系)が10月23日(金)にスタートする。3人の母のうち、吉田演じるキャリアウーマン・優子の息子で引きこもり生活を送る大介を演じるのが、本作がドラマ初出演となる新人俳優・奥平大兼(おくだいら・だいけん)。俳優デビュー作となった映画「MOTHER マザー」(2020年)では、初めて受けたオーディションで大抜擢され注目を集めた。「恋する母たち」でも、その類まれな感性を遺憾なく発揮する。

初演技で大抜擢!


「恋する母たち」は、パートで働くシングルマザー・石渡杏(木村)、バリバリのキャリアウーマン・林優子(吉田)、キラキラのセレブ妻・蒲原まり(仲)という3人の“美しい母”の心を、3人の男性が揺さぶっていく様子を描く物語。彼女たちの心を揺さぶる男性陣には、阿部サダヲ、小泉孝太郎、磯村勇斗がキャスティングされた。

そして彼女たちの息子は同じ学校の同級生、という設定。大介役の奥平のほか、まりの息子・繁秋を宮世琉弥、杏の息子・研役を藤原大祐が務める。

奥平は、今年俳優デビューを果たしたばかり。本格的な演技はデビュー作「MOTHER-」に続いて2度目、という超フレッシュな新人俳優だ。

奥平は、2003年9月20日生まれ、東京出身の17歳。東京・渋谷駅でスカウトされ、芸能界入りした。

初めてのオーディションで「MOTHER-」周平役を掴んだ時、演技は未経験。だが、その稀有な才能の輝きは大勢の若手俳優たちの中にあっても埋もれることはなかった。

「MOTHER-」プロデューサーの佐藤順子氏は、奥平に惹かれた理由について「その感性にすごく驚かされた」と振り返る。

「周平と同じ年頃の数多くの役者さんにオーディションでお逢いしましたがイメージに合う方がおらず、最後に飛び込みで『演技経験はない新人ですが』と言われてお会いしたのが奥平さんでした」「はじめてオーディションでお会いした時、彼しかいないと確信しました」と佐藤P。

撮影時についても「撮影を重ねるごとに良くなり、多くの奇跡的なシーンを撮影する事が出来たと思いますし、まるで奥平大兼の役者としての成長をドキュメントで観ている様でした」と語っていた。

金曜ドラマ「恋する母たち」
10月23日(金)スタート
毎週金曜夜10:00-10:54
TBS系で放送
※初回は夜10:00-11:09

◆2020年秋ドラマ一覧!◆

2020年秋ドラマまとめ