市村正親「僕はテレビ向きの顔じゃない」!?

2011/10/11 21:28 配信

ドラマ

BS朝日「王様の家」制作発表会見に登壇した春川恭亮、石倉三郎、要潤、市村正親、岡田奈々、佐津川愛美、吉岡澪皇(写真左から)

BS朝日「王様の家」制作発表会見に登壇した春川恭亮、石倉三郎、要潤、市村正親、岡田奈々、佐津川愛美、吉岡澪皇(写真左から)

BS朝日で10月12日(水)スタートの新ドラマ「王様の家」の制作発表会見が11日、東京・六本木のテレビ朝日にて行われ、出演の市村正親、岡田奈々、要潤、佐津川愛美、春川恭亮(劇団EXILE)、吉岡澪皇、石倉三郎が登壇した。

同ドラマは、市村演じる人気ニュースキャスター・胡桃沢(くるみざわ)陽介は「キング」の異名を持ち、歯に衣着せぬ発言で鋭く取材相手を追及し、信念を崩さずに正義のために闘う姿が視聴者から絶大なる支持を得ている。陽介の私生活は一切公表されていない。しかし、ごく普通の家庭を持っており、家庭では“超”がつくほどの頑固親父で家族にとっては扱いづらい存在。そんな彼の知られざる家庭での等身大の葛藤を通して“家族の絆”を描くホームドラマ。

市村は「ドラマの主演の話を頂いたときに僕の顔はテレビ向きの顔ではないので、最初は拒んだのですが台本を読んでみていい話だと思い、お引き受けしました」と明かし、「一話からいいチームワークができて、いいドラマになりました。平井家は三人の子供だけど、僕自身も近い部分を持っているのでこの作品を通して家族の絆を学ばせてもらいました。願わくは多くの皆さんにも見ていただきたいです」と語った。長男・翔を演じる要は「実家を出て12年になりますが、撮影期間は毎日家族役の皆さんと顔を合わせていて実家で過ごしていたころの家族の温かさを感じながら演じました。家族関係が希薄になっている世の中なのでこのドラマを通じて家族の絆や温かさを感じていただければ」とコメント。

また、会見にはドラマの主題歌「残された時間」を歌う和田アキ子からコメントが届き、「(市村とは)昔は一緒に明け方まで一緒に飲みに行ったけど今では奥様だけでなくお子さんにもデレデレ」と明かされ、市村が照れるシーンも。

ワンシーンをカットせずに長い時間撮影する“長回し”という手法での撮影の感想を市村は「一番多いところで23~24ページのシーンを撮りましたが、舞台に比べれば短いかな(笑)。ただ、短い期間で(台本を)覚えるのが大変だったけど、いい緊張感の中で演技ができて僕は長回しが好きです」と明かした。

「王様の家」
BS朝日にて10/12(水)スタート
毎週水曜日 夜10:00-10:54