美しい悪女役に挑戦する檀れいにインタビュー!「脅迫電話をかけるシーンが楽しかった」

2011/12/10 18:12 配信

ドラマ

檀れいがWOWOWプライムでスタートする連続ドラマW「造花の蜜」で、謎めいた事件を起こす美貌の主人公・蘭役に挑戦!

檀れいがWOWOWプライムでスタートする連続ドラマW「造花の蜜」で、謎めいた事件を起こす美貌の主人公・蘭役に挑戦!

WOWOWプライムで毎週日曜日に放送中のサスペンス連続ドラマW「造花の蜜」。同作で、謎めいた事件を起こす美貌の主人公・蘭を演じる檀れいに、役作りや作品の見どころについて語ってもらった。

同作は、連城三紀彦原作の同名小説を連続ドラマ化。身代金が目的の幼児誘拐事件が発生したと思われたが、犯人(蘭)は身代金を要求せず、「お金を払いたいならそちらで決めて」と言い、家族や警察は翻弄(ほんろう)されていく。誘拐事件の裏に潜む蘭の本当の目的とは一体何なのかをスリリングに描く。

――作品を読んだ感想を教えてください。

脚本を読んだ時に、とても細かく緻密に計算されていて、ストーリーがどんどん展開していってるので、すぐに話がバッと自分の中に入ってきたわけではありませんでした。最後にいろんなことが分かっていくまでに、過去の回想があったりしていたので、演じる上でこのシーンはどういう時系列であったのかっていうのをきちんと分かっておきたいなって思いました。また蘭は、一話はほとんど出ていない(笑)。それも読んだときにすごく面白かったですね。主演ではあるんですけれども、電話での声で(出演するので)、“誰?この人ってどんな人?”っていうところから入っていくので、こういう入り方面白いですね。蘭が仕掛けた行動で、仕掛けられた人たちの人間ドラマが見えてきてお話が進んでいきます。蘭はそれを高みの見物をしてるっていうドラマの作りが新しい、今まであんまり見たことがない作りなので、読んでいて面白かったです。

――蘭は愉快犯のように見えますが、檀さんの思う蘭の魅力は何ですか?

蘭という女性は、世の中を騒がせてやろうというただの愉快犯ではなくて、ちゃんと彼女の美学を持っている。人をあやめたり傷つけたりとかはしない。ただ、汚い方法で手に入れたお金だけを奪い、犯罪を犯罪で塗り替える。お金ならなんでもいいわけじゃない部分が、1本筋が通っててすごくかっこよくて、彼女独特の美学を持った中での行動がいいなって思いました。見る人によって、蘭は悪女に見えたり義賊に見えたり、受け取り方は違うと思うので、楽しんで見て欲しいですね。

――役作りはどのようにしたのか教えてください。

蘭は、どういう女性でどういう経歴の持ち主なのか、バックグラウンドが分からない。だからこそ、犯罪を一つ起こすにしても目的が何なのかをはっきりしたいと思いました。それが最後の最後で“狙いは実はこうだったんだ”という脚本がつくられていて、目標が定まったので、演じるのはやりやすかったです。全編スーッと無表情でたんたんと演じていました。

――たんたんと演じたとありましたが、表情を作るのに苦労はありましたか?

監督に“笑わないで”ってよく言われました(笑)。中には、“ひっかかったぞ”っていう感じで、ふっと笑う(場面)のもあるんですけど、無表情っていうのもありました。あと目ですね。その視線の先には何があるのだろうって見ている方に思ってもらえるように、目の使い方は意識しました。

――立ち振る舞いも意識を?

立ち振る舞いは気をつけました。1本筋が通った考えの人なので、いすに座っていても、歩いていても、背筋をピッと伸ばすようにしました。物腰も美しく気高く優雅に(笑)。こういう事件を起こした人間であっても、ただ者じゃないぞって思ってほしいので。

――檀さんが演じていて一番楽しかったシーンはどこですか?

(しばらく考えて)脅迫電話をかけたシーン(笑)。楽しかったです(笑)。今回の脅迫電話は上から目線(笑)。“迷子になってたのを助けてあげただけです”とか、“お金なんて要求してませんけど。でも、お金を払いたいって言うんだったら、もらわないのも失礼ですわね”みたいな、自分の領域にうまく相手を引っ張り込んでいくんです。 しかも“お礼のお金なんですからそちらで決めてください”って金額を相手に決めさせるっていうやり方は、そのセリフを言う楽しみだけではなく、蘭の頭の良さを感じました。

――作品から何かテーマを見出しましたか?

一つの問題が家族間で起こって大変なことになったときに、お金に執着すればするほど、家族はバラバラになってしまう。でも、大事なものを奪われたとき、全て失ったときに、それぞれの人にとって何が大事だったのかが見えてくるっていうのが、このドラマの面白いところかな。

――視聴者にメッセージをお願いします。

見どころ満載です(笑)。どのキャストもしっかり自分の役の人生というのを深く演じてらっしゃるので、どこを見ても楽しいですから、私自身も早く見たい。きっと今までにはない、サスペンスの一つの形だと思います。ドラマとしてしっかり作られている作品なので、サスペンスを好きな方でも、あまり見ない方でも、それぞれの人間模様だったり、話の展開の無駄のなさだったりを、十分楽しんでください!

連続ドラマW「造花の蜜」
毎週日曜夜10.00-11.00 WOWOWプライム

画像で見るニュース