閉じる

“追う男・上川隆也×失踪美女・佐々木希” 注目のドラマ「火車」を徹底解剖!

2011/11/05 09:00

休職中の刑事・本間役の上川隆也、碇刑事役の寺脇康文(写真右から)
休職中の刑事・本間役の上川隆也、碇刑事役の寺脇康文(写真右から)

テレビ朝日系では、11月5日(土)に宮部みゆき氏の同名ベストセラーが原作、上川隆也が主演を務める話題作「ドラマスペシャル『火車』」がついに放送を迎える。「山本周五郎賞」を受賞した宮部氏の傑作で、上川、佐々木希、寺脇康文らが出演する注目のドラマの見どころを紹介する。

同ドラマは、バブル崩壊直後の'92年を舞台に据え、人々をもてあそんだ“バブル”という華やかな時代に、休職中の捜査一課刑事・本間(上川)が、遠縁の男性から失跡した婚約者・彰子を探して欲しいと頼まれたところから物語は始まる。彰子には自己破産した経歴があり、彰子の過去をたどって調査を開始した本間は、自己破産の手続きを担当した弁護士・溝口(笹野高史)の元へ。しかし、そこである重大な“矛盾点”に気付く…。カード社会にもてあそばれた自己破産者の悲惨な末路、新たな人生を手にするべく必死にもがき続ける女の影を宮部氏ならではの視点で描いた傑作ミステリー。

注目のキャストは、ことし4月クールに放送された「遺留捜査」で、個性的な刑事を演じた上川が主演を務め、本作がミステリードラマ初出演となる人気モデル・佐々木が“失踪した美女”に扮する。また、本間の“相棒”として捜査に協力する捜査一課の刑事・碇貞夫を寺脇、彰子の婚約者で本間の遠縁の男性・栗坂和也を渡辺大、彰子の幼なじみの青年・本多保をガレッジセール・ゴリ、彰子の自己破産を担当した弁護士・溝口悟郎を笹野が演じる。さらに、本間の息子役は、ことしの4月クールに放送されたドラマ「犬を飼うということ」での好演も記憶に新しい山崎竜太郎が務め、田畑智子、井上和香、前田亜季、美保純、藤真利子ら魅惑の女性キャストたちが極上のミステリーに華を添える。

主演の上川は「いろいろな見方ができる、多面性を内にはらんだ物語だと思います。それは視聴者の方が好んで選び取っていただけるんじゃないかと思っています。何より原作が素晴らしい。どなたが読んでも面白い作品のドラマ化なのですから、皆さんに楽しんでいただけるのは間違いないと確信しています」と自信満々に語った。

また、“失踪美女”を演じる佐々木は「バブル時代のファッションは、今とのギャップが激しくて最初は驚いたのですが、自分以外のキャストの皆さんも“昔”のファッションをされていたので、現場に入ると違和感はありませんでした。いざ現場から出ると自分がすごく浮いている感じがして変な気持ちがしましたが…(笑)ミステリードラマに出るのは初めてだったので、今回はすごくいろいろな経験をさせていただきました。私なりに頑張りましたので、ぜひご覧ください!」とカルチャーショックを受けつつ、前向きにアピールした。

ドラマ「宮部みゆき原作 ドラマスペシャル『火車』」
11月5日(土)夜9.00-11.11 テレビ朝日系で放送

画像一覧
8

関連人物

  • 上川隆也

  • 佐々木希

関連ニュース

  • 話題作がズラリと並んだ“土9”で「火車」が17%と高視聴率を記録!

    2011年11月7日13:40