園子温監督が「ヒミズ」主演俳優を辛口採点!

2012/01/16 19:26 配信

映画

映画「ヒミズ」初日舞台あいさつ開催

映画「ヒミズ」初日舞台あいさつ開催

鬼才・園子温監督作「ヒミズ」の初日舞台あいさつが1月14日、都内で行われ、本作で第68回ベネチア国際映画祭のマルチェロ・マストロヤンニ賞(最優秀新人俳優賞)をWで受賞した染谷将太と二階堂ふみ、園監督が登壇。

本作は古谷実の同名人気コミックを実写映画化。ある事件をきっかけに、未来を捨てることを選んだ15歳の少年と、彼に邪険にされながらも力になろうとする少女の姿を描く。

自身としては初めて原作ものを手がけた園監督は「オリジナルが持っている魂に忠実でありたいと思い、原作の持っているものを壊さないようにと努力しました」と語った。また、撮影中の雰囲気について染谷は「とてつもなく自由な現場で、やりたいことがあったらやって良い雰囲気を園さんが作ってくれました。現場で雨が降ったら泥まみれになったりと、どんどん想像もできないアイデアをくださって、刺激を受けました」と満足げな様子で話すと、二階堂も「崖から落ちそうなギリギリの感覚で芝居をやっていて、面白いなと思いました」と笑顔でコメント。

そんなふたりに対して撮影現場で点数をつけていたという園監督は、クランクイン当初、染谷に45点、二階堂に4点と厳しい評価を下していたのだが、この日は染谷に65点、二階堂に64点と、改めて彼らの熱演を評価。「これからもこの映画の時と同じように可能性をがんがん広げ、役者としてどんどん大きくなると思うからこの点数にしました」と胸の内を明かすと、染谷と二階堂は照れながら喜んでいた。

映画「ヒミズ」
公開中