本田望結からのサプライズに竹中直人らメロメロ

2012/03/19 19:59 配信

映画「長ぐつをはいたネコ」初日舞台あいさつに登場した面々

映画「長ぐつをはいたネコ」初日舞台あいさつに登場した面々

映画「長ぐつをはいたネコ」の初日舞台あいさつが3月17日、都内で行われ、日本語吹き替え版の声優を務めた竹中直人、勝俣州和が登壇。ネコの着ぐるみ姿の本田望結率いる“長ぐつ隊”も応援に駆けつけた。

本作は、人気アニメ・シリーズ“シュレック”に登場するキャラクター“長ぐつをはいたネコ”を主人公にしたスピンオフ。シュレックに出会う以前の“長ぐつをはいたネコ”ことプスが、幼なじみのハンプティ・ダンプティと謎の美ネコ、キティと共に大冒険を繰り広げる。

「シュレック2」('04年)以降、プスの声を務め、ついに主役の座を射止めた竹中は「主役だと出番が多いから恥ずかしかったね。主役と聞いた時は『俺でいいのかよ!?』と思ったよ! 焦ったぜ。(プスの)若いころの話だっていうから、小栗(旬)君とかに代わるんじゃないか、下ろされるんじゃないかと思ったけど、俺で安心したよ」と安堵の表情を見せた。一方、声優初挑戦でハンプティ・ダンプティの声を務めた勝俣は「急にこんな大きな役が来るとは思ってなかったので、アフレコ収録が始まってもドッキリだと思ってました」と明かすと、竹中は「初めてとは思えないほどうまいんだ」と絶賛した。

本作の応援隊リーダーを務める本田は、初対面の竹中と勝俣に「すっごく会いたくて、ずっとこの日を楽しみにしていました」とあいさつ。竹中は「めちゃくちゃかわいくてたまんねえよ!」と目を細めていた。その後、竹中と勝俣は本田と共に“長ネコダンス”に挑戦。本田のダンスを見よう見まねで踊り切ると、本田から「竹中さんも100点だし、勝俣さんも100点で、ふたり合わせて200点です」と合格点を獲得した。さらに、共に3月生まれの2人に本田からサプライズで特製“長ネコケーキ”のプレゼントもあり、本田にケーキを食べさせてもらった竹中は「恥ずかしい!」と大照れで、顔を赤らめていた。

映画「長ぐつをはいたネコ」
公開中