佐藤貴史って誰!? 主役としての器を問われながら上演される舞台とは?

2012/04/05 16:55 配信

芸能一般

舞台初主演の佐藤”兄さん”が大活躍!

舞台初主演の佐藤”兄さん”が大活躍!

東京・原宿のラフォーレミュージアム原宿にて佐藤貴史初主演作「We Love 兄さん!!~ボクらの兄さん、イケてなくなくない!?~」が、4月10日(火)まで上演中。小劇場界を中心に活躍中の佐藤が”ダメダメな兄さん”を主役として演じるが、壮絶なまでの空振りが続く中、最後まで物語の中心にいられるのかが見どころ。そんな兄さんが大好きで、期待するカンペキな弟を初日までシークレットゲストだった若手注目株の村井良大がサポートする。

主演にあたって、佐藤は「僕みたいに誰だかわからない人でも主役をやれます。みんな勇気を持って生きてください」とコメント。そんな佐藤に村井は「シークレットキャストの『わたし』です。佐藤さん主演の舞台に立てるなんて『幸せ』です」と応える。一方、作・演出の村上大樹は「『サトウタカシって誰?』そう疑問に感じる若手俳優ファンの方も多いと思います。佐藤貴史は37歳の中堅コメディー俳優です。これまでの役者人生、あまりに目立ってこなかった彼が今回、運命のイタズラによって『主演』をはることになりました。脇をつとめるのは彼を兄貴と慕う豪華若手陣。

主演はともかく(?)チームとしては派手さも、面白さも保証済です。是非劇場で、ベテランと若手の奇蹟のコラボレーションを目撃して下さい!!」と芝居の出来栄えに満足の様子。

佐藤、村井の兄弟役を囲むのは、舞台版”戦国鍋”にも出演した井深克彦、井澤勇貴、ミュージカル「テニスの王子様」の加藤真央、上田悠介ら若手イケメン俳優に、映画、ドラマ、舞台と幅広く活動する小林且弥、小劇場のベテラン俳優陣からは、加藤啓(モッカモッカ)、小林健一(動物電気)が参戦、テンポよく舞台の笑いをとっていく。

歌あり、ダンスあり、笑いありの密度の濃い作品を、作・演出家の村上が見事に仕上げている。

「We Love 兄さん!!~ボクらの兄さん、イケてなくなくない!?~」
4月3日~10日(火) 東京・ラフォーレミュージアム原宿
全席指定 ¥5000/当日券¥5500
http://ameblo.jp/satonisan/