“SPEC”のアメリカ進出に戸田恵梨香も興味津々

2012/04/09 16:52 配信

映画

映画「劇場版 SPEC 天」の初日舞台あいさつに登壇した戸田恵梨香&加瀬亮

映画「劇場版 SPEC 天」の初日舞台あいさつに登壇した戸田恵梨香&加瀬亮

映画「劇場版 SPEC 天」の初日舞台あいさつが4月7日、都内で行われ、戸田恵梨香、加瀬亮、浅野ゆう子、福田沙紀、神木隆之介、椎名桔平、竜雷太、堤幸彦監督が登壇した。

本作は、堤幸彦監督による人気TVドラマ・シリーズの劇場版。IQ201の天才で変人の当麻紗綾と、警視庁特殊部隊(SIT)出身の熱血漢・瀬文焚流が、特殊能力(SPEC)を持った犯罪者に立ち向かう姿を描く。

神木演じるニノマエの“時を止めるスペック”を使えたら?という質問に、戸田は「ニノマエのSPECって、誰よりも早く動けるSPECじゃないですか。年をとるっていうことで、あまり使わないようにしたいです」とコメント。続いて浅野も「女性にとっては危険ですね。私が止めておいてほしいです」と話し、会場の笑いを誘った。一方、神木は「サクラが散った時にぱっと止めてみたい」と回答。戸田が「意外とロマンティスト!」と感心すると、加瀬は「なんか腹立ちますね」と苦笑した。

この日、同シリーズが、アメリカのTVドラマ・シリーズ「HEROES ヒーローズ」で人気の日本人俳優マシ・オカのプロデュースにより、日本の映像作品では初めて、海外ドラマとしてリメークされることが発表された。堤監督は「このメンバーは出れないのか? 私だけはひとつ(よろしくお願いします)!」と売り込み、会場は笑いに包まれた。一方、戸田は「何で自分たちじゃないのか、不思議なんですけど」と言いながらも、「世界へ出ていくことは本当にうれしいこと。日本で作られた作品がどう見られていくのかも興味深いし、このキャラクターをハリウッドの女優さんがどう演じられるのかもすごく楽しみです」と笑顔で語った。

映画「劇場版 SPEC 天」
公開中