椎名桔平が心に傷を抱える刑事を熱演! 「灰色の虹」がドラマ化

2012/04/23 05:00 配信

ドラマ

椎名桔平が無実の罪を着せられた青年の復讐を止めるべく奔走する刑事・山名を熱演!

椎名桔平が無実の罪を着せられた青年の復讐を止めるべく奔走する刑事・山名を熱演!

テレビ朝日系で、えん罪により全てを失った青年とその青年の復讐を止めるべく奔走する刑事の姿を描いた「ドラマスペシャル 灰色の虹」が、5月19日(土)に放送されることが分かった。自らも婚約者を殺害されるという悲劇の経験を持つ刑事・山名省吾役で主演を務める椎名桔平は「心の傷を抱えたまま現場に復帰した刑事が、復讐劇と対峙する中で人間として再生していくストーリーで、とても難しい役どころに挑戦しています」と力を込めた。

同ドラマは、「後悔と真実の色」で山本周五郎賞を受賞した気鋭の作家・貫井徳郎氏の同名小説が原作。“えん罪”と“復讐”という心のよりどころが何もないテーマから人間の深淵をえぐる重厚なサスペンスとなっている。5年前に婚約者を殺害されて以来、久々に現場復帰した捜査一課の刑事・山名(椎名)が、復帰後すぐに直面した殺人事件を共に担当した刑事・伊佐山(寺島進)が事故死する。その後、日を置かずに同じ事件を担当した検事・谷沢憲一(渡辺いっけい)が刺殺されるという事件が発生。山名は二人が以前にも同じ殺人事件を担当していたこと、そしてその事件の犯人とされた青年・江木(塚本高史)は逮捕されてもなお無実を主張していたということを知る。そんな中、江木の事件を担当した弁護士・綾部(神保悟志)も不審な死を遂げていたことが分かり、山名は一連の事件が刑期を終えた江木の手による復讐ではないかという結論に至り、江木の行方を追う。

無実の罪で全てを失った青年・江木を塚本、山名とコンビを組む所轄の刑事・小西を吹越満、江木の無実を信じ続ける母・聡子を風吹ジュン、ほか星野真里、寺島、渡辺、神保、大杉漣、高嶋政伸、伊武雅刀らが出演。また、監督は国民的ドラマ「相棒」のメーン監督・和泉聖治氏。和泉氏がメガホンを取り、実のある映像表現と等身大の人物描写、複雑な人間関係をよどみなく展開させる構築力で、サスペンス作品に欠かせないスリリングなカメラワークを駆使しながら、新たな刑事ドラマを紡ぎだす。

深く考えさせられるテーマを描く本作に主演する椎名は「風吹さん、塚本さんをはじめ、魅力的な役者陣がそれぞれのキャラクターをしっかり自立させていて、主人公の山名のみならず共感できる“目線”がたくさん存在するドラマです。えん罪や犯罪被害者の心情など、簡単に善悪だけで計ることのできない心の部分を描いていますので、ぜひご覧ください」とアピールした。

ドラマ「ドラマスペシャル 灰色の虹」
5月19日(土)夜9:00-11:11 
テレビ朝日系で放送

関連ニュース

画像で見るニュース