大杉漣が新メンバーに!「京都地検の女」第8弾が7月からスタート!!

2012/05/23 05:00 配信

ドラマ

再び“主婦の勘”で難事件に挑む検事・鶴丸あや役の名取裕子

再び“主婦の勘”で難事件に挑む検事・鶴丸あや役の名取裕子

テレビ朝日系にて、名取裕子主演の木曜ミステリー「京都地検の女」の第8弾が、7月からスタートすることが分かった。

同シリーズは、'03年7月に放送を開始した木曜8時枠の長寿ドラマ。“主婦の勘”を武器に、送致されてきた犯人の心の奥に潜む真実を細やかに解き明かしていく京都地検の女性検事・あや(名取)の活躍を描いた作品。女性ならではの視点で数々の難事件を解決に導いてきたが、周囲の迷惑を省みず暴走してしまうのが玉にきずのあやを中心に、京都の情緒たっぷりに犯人の心の奥に潜む“真実”を解き明かしていく。

今作から、これまでそんなあやの暴走を一身に受け止めてきた太田事務官(渡辺いっけい)の代わりに、大杉漣演じる寡黙な新米検察事務官・井森幸三郎が京都地検に新加入する。井森は太田と違い、冷静沈着かつ無表情にあやに詰め寄り暴走を止めるクールな男だが、ひとたび酒が入ると突然冗舌になり、平然とあやの悪口を言う“ぶっ飛んだ”人間にひょう変するという一面を持つ。また、京都府警捜査一課の刑事・成増役の寺島進、所轄署刑事・池内役の益岡徹、京都地検の刑事部長・高原役の蟹江敬三らおなじみのメンバーが再び集結するほか、検察事務官見習いとして個性派女優・久保田磨希、池内(益岡)の部下の新人刑事・平林役で片岡信和が新メンバーとして新しい風を吹かせる。

ドラマ「京都地検の女」
7月スタート
毎週木曜夜8:00-8:54 
テレビ朝日系で放送