CGもアクションもパワーアップ!「妖怪人間ベム」が映画化決定!

2012/06/14 06:00 配信

映画

「早く人間になりたい」と願うベラ(杏)、ベロ(鈴木福)(写真左から/ドラマ「妖怪人間ベム」より)

「早く人間になりたい」と願うベラ(杏)、ベロ(鈴木福)(写真左から/ドラマ「妖怪人間ベム」より)

'11年10月クールに日本テレビ系にて放送され、最高視聴率18.9%を記録した人気ドラマ「妖怪人間ベム」が映画化されることが分かった。映画版はドラマに引き続き、亀梨、杏、鈴木福の3人が出演。内容は映画版のために書き下ろされた完全オリジナルストーリーとなる。

ドラマでは、妖怪にも人間にもなり切れず、“妖怪人間”として生きるベム(亀梨和也)、ベラ(杏)、ベロ(鈴木福)の心の葛藤(かっとう)や人間との触れ合いを描き、最終回では、ベムたちが“名前の無い男”(柄本明)との戦いで、人間になるよりも「人間を守って生きていく」ことを選び、友人の夏目刑事(北村一輝)たちの前から姿を消すところで物語は終わった。

今回の映画では、ベム、ベラ、ベロが新しい街にやってくるところから始まる。だが街では、不可解な未解決事件が連続して起こっていた。そんな中、ベロはある女の子と出会い、恋をする。「人間になりたい」とベロが願う一方、ベム、ベラは人間になる方法を発見。ベロだけでも人間にさせてあげるべきなのか、自分たちも人間になるべきなのか、と苦悩する。さらに、不可解な事件を引き起こしていた犯人が妖怪だと判明する。ドラマと違い、ベムたちの敵で実際に“妖怪”が登場。ベムたちがこれまで出会ったことのない強力なパワーを持つ妖怪に対し、ドラマ以上の激しいアクションシーンで挑む。そのため、特殊メークやCGなどもドラマ以上に多用され、映画ならではの迫力ある映像に。

映画化が決まり、主演の亀梨は「おは妖怪! すごくうれしいです! 自分自身も今、彼らがどこでどのように存在しているのか、すごく気になっていたので楽しみです。またベラ、ベロと会えること、そしてベムを演じられること、ワクワクしています。早く妖怪人間になりた~い!」とおちゃめなコメントを寄せた。また、「映画化と聞いてとてもうれしいです! スクリーンの中で、さらに迫力あるベラを演じたいと思います。早く妖怪になりたい!」(杏)、「大好きな亀梨さんと杏さんとまた一緒に撮影できるので楽しみです。僕はアクションが大好きなので、何かアクションシーンがあったらいいなぁと思います。僕らしいお芝居を一生懸命頑張ります! 夏の暑い時期の撮影だけど、妖怪人間なので汗をかかないように、虫に刺されないように最高の妖怪人間チームを目指して頑張ります!」(鈴木)とそれぞれ気合十分な意気込みを語った。

河野英裕プロデューサーは「ドラマを応援していただいた皆さんのおかげで、『妖怪人間ベム』が映画として復活できることになりました。正義とは、悪とは、命とは、愛とは、人間とは…。そんなテーマをより深く描きながら、アクションや妖怪バトルを超スケールアップ。最高の物語をお届けできるよう、キャストスタッフ全力で頑張ります」とコメントを寄せた。

なお、公開は'12年12月15日(土)より全国300館以上でロードショー予定。

「映画 妖怪人間ベム」
'12年12月15日(土)よりロードショー予定