桐谷美玲がオジさんたちに囲まれる!

2012/12/22 19:56 配信

ドラマ

イベントに登場した中村ゆり、桐谷美玲、矢田亜希子(写真左から)

イベントに登場した中村ゆり、桐谷美玲、矢田亜希子(写真左から)

BeeTVドラマ「ラブ・スウィング~色々な愛のかたち~」の配信開始記念イベントが、12月22日、都内で行われ、出演者の桐谷美玲、矢田亜希子、中村ゆりがトークショーを行った。

同イベントは、同ドラマの第一話がクリスマスを舞台に始まることから、“クリスマス女子会”と称し、一般女性50人を招待して、全話試写会、ティーパーティー、舞台あいさつを実施。舞台あいさつでは、出演者の三人が、撮影秘話やクリスマスにまつわるエピソードなどを語った。

同ドラマは、“さまざまな愛のかたち”をテーマに、年齢差、不倫、離婚、職場恋愛など19人の恋愛を描いたもの。恋人は作らないと決めた里穂(桐谷)は、取引先の社長たち、大西(津川雅彦)や宮下(六平直政)、杉原(石倉三郎)、山寺(中尾彬)たちに気に入られ、息子や孫を紹介すると言われる。仕方なく山寺の息子に会うことにするが…。一方、浪費ぐせのある美奈(矢田)は、夫・幸雄(岡田義徳)の細かい性格にうんざりして離婚届を出してしまう。また、妻子ある上司・本庄(鶴見辰吾)と不倫をしている美香(中村)は別れを決意。その口実として誰でもいいから別の恋人を作ってしまおうと考えるが…というストーリー。

撮影中のエピソードについて桐谷は「雨待ちの時があって、津川さんたちオジさまたちがそろってファミレスに入っていったんです。外から『すごい光景だな…』って見ていたら、津川さんが呼んでくれて、そうそうたるメンバーの輪の中に入れてもらいました。60年代の映画界の話や、『あの頃、誰々が好きだったんだよ』みたいなお話を聞かせていただいて、すごく貴重な体験でしたね」と告白。

また、クリスマスのエピソードについて「小さい頃から現実的で、サンタはいないって思っていて、毎年20日くらいから押入れの中にプレゼントが隠されていないか探し回っていました(笑)」(桐谷)、「美玲ちゃんとは逆で、サンタは結構信じていて、毎年枕元に大きな靴下を飾っている子供でしたね(笑)」(矢田)、「幼稚園の頃、すでに両親から『サンタはいなくて、プレゼントはお父さんとお母さんからよ』って言われてました(笑)」(中村)と三者三様のエピソードを披露した。

ことしのクリスマスの予定については「ニュースの生放送があるので、皆さんパーティーしながら見てください!(笑)」(桐谷)、「友達を呼んで、家族とパーティーをします!」(矢田)、「何にも決まってないです。多分、家にいるかも…(笑)」(中村)とそれぞれ明かした。

最後に桐谷は「さまざまな恋愛模様が描かれていて、必ずどれかに共感していただけると思います。見ていただいてほっこりしていただけたらうれしいです!」とPRした。

BeeTVドラマ「ラブ・スウィング~色々な愛のかたち~」
BeeTV、dマーケット VIDEOストアにて配信中
毎週水曜日更新

関連ニュース

画像で見るニュース