「大胆派なんです」竹内由恵アナがカレンダー発売イベントで意外なクセを告白!?

2012/12/23 15:00 配信

イベント・舞台

カレンダー発売イベントに登壇した本間智恵、宇佐美佑果、竹内由恵アナウンサー(写真左から)

カレンダー発売イベントに登壇した本間智恵、宇佐美佑果、竹内由恵アナウンサー(写真左から)

テレビ朝日の人気女性アナウンサーの写真が満載の「テレビ朝日女性アナウンサーカレンダー2013」の好評御礼イベントが、12月22日、同局で3部構成で行われ、竹内由恵アナウンサー、堂真理子アナウンサー、松尾由美子アナウンサーらが登壇した。

'13年度で3年目となる「テレビ朝日女性アナウンサーカレンダー」は前田有紀アナ、竹内アナ、大木優紀アナら、テレビ朝日を代表する人気女性アナウンサーたちの魅力的な写真が掲載されたカレンダー。卓上と壁掛け版の2種類があり、テレビ朝日の通販サイト「ロッピング」などで発売中。

今回、カレンダーの売れ行きが好調ということもあり、3年目にして初めて“好評御礼イベント”と題し、女性アナウンサーによるトークショーを開催。また、当日同カレンダーを購入した人への手渡し会が実施。竹内アナ、本間智恵アナ、そして新人の宇佐美佑果アナによるトークショーでは、前日「ミュージックステーション スーパーライブ」で4時間超の生放送を終えたばかりの竹内アナが「ちょっと(疲れで)かみかみになるかもしれないですけど(笑)、きょうは皆さんと楽しい時間を過ごせるようにお話をしていきたいと思います」とあいさつ。本間、宇佐美両アナから「お疲れさまでした」と労いの言葉を掛けられると、柔和な笑みを浮かべた。

3人で事前に考えたというトークテーマ「クリスマスの思い出」について、海外で生活していた期間が長い宇佐美は「海外ではサンタさんが来るっていうことで、クッキーとかミルクを、いつもありがとうございますって気持ちで置いているんです。それで朝起きて、クッキーが減っていると『あ、サンタさんが食べてくれたんだ』ってなります」というエピソードを披露。

同じく帰国子女の竹内アナは「私もアメリカに住んでいたんだけれども、そういうことをしたことはなかった。でも、クリスマスは家族みんなが集まってお祝いするという“あったかいイベント”という印象です。プレゼントが温かくて、気持ちが抑えきれないからもらってすぐにバァーっと(豪快に)開けていました」と大胆な一面を告白。本間アナから「いまも大胆派なの?」と問われると、すかさず「うん、大胆派なんです」とお茶目に語った。

続いて、本間アナのクリスマスの思い出は「私の場合は一生懸命お手紙を書いていて、幼稚園ぐらいのときかな。小さかったから長文は書けないんだけど、欲しい物を書くのと、『サンタさんはトナカイさんと仲がいいんですか?』とか書いていて(笑)。翌日になるとお返事が返ってきていました」とかわいらしいエピソードを告白。すると竹内アナも思い出したように「私も手紙は書いていたなあ。毎回サンタさんの顔を描いて、『これとこれお願いします』みたいな(笑)」と“ちゃっかりさん”ぶりをアピールした。

そんな中、竹内アナの絵が個性的、本間アナの絵がとにかく上手だという話になり、実際にサンタクロースを3人が即興で描くことに。竹内アナは「“サンタさんと言えば”という特徴しか書いていないんだけれど…輪郭に注目してほしいです」と前置きしながら絵を披露。本間アナから「いつも通りの画伯です。かわいいんだけど、ちょっと不思議というか」と指摘され、照れ笑い。そして、満を持して本間アナが芸術的な絵を披露すると会場からは驚嘆の声が。竹内アナは「うまい~! 本当にすごいね!」と絶賛し、宇佐美アナは「すご~い! ずっと絵を描いていたんですか?」と天然発言。これには本間アナも「職業的なこと? いやいや、アナウンサーですから」とまんざらでもない顔を見せていた。

「テレビ朝日女性アナウンサーカレンダー2013」
テレビ朝日オンラインショップ「Ropping」で発売中
壁掛け版1890円 卓上版1680円

関連ニュース

画像で見るニュース