新プリキュアは“愛”がテーマの「ドキドキ!プリキュア」に決定!

2012/12/26 11:00 配信

アニメ

記念すべき「プリキュア」シリーズ第10弾が始動!

記念すべき「プリキュア」シリーズ第10弾が始動!

ABC・テレビ朝日系では、'04年2月から始まったアニメ「プリキュア」シリーズの最新作として、2013年2月3日(日)から「ドキドキ!プリキュア」がスタートすることが決定した。現在放送中の「スマイルプリキュア!」に替わるプリキュアシリーズの第10弾となる。

今作のテーマは、ずばり“愛”。愛から生まれる「ドキドキ!」で、他人を思いやる心を胸に秘めて戦う。ヒロインのキュアハートは、いつも誰かのために何かをしてあげたい…という献身的な“愛”に溢れており、世界の平和を脅かす自己中心的な考え方を持った悪の組織に立ち向かう。さらに、今作のプリキュアたちの毎日は“ドキドキの”連続。元気でかわいいプリキュアたちが、日々さまざまなことを学び、楽しい学園生活を送りながら毎回現れる強敵と白熱のバトルを繰り広げる。そんなダイナミックで思わず引き込まれるストーリーの中で、回を追うごとにプリキュアたちが成長していく。

今作のプリキュアは4人。大貝第一中学校の生徒会長・相田マナ(キュアハート)は、困っている人を見ると放っておけない世話焼き体質で、考えるよりも体が先に動いてしまう行動派。菱川六花(キュアダイヤモンド)は、大貝第一中学校の生徒会書記。真冬に降る粉雪のように清廉で、知性溢れる物静かな少女で、マナとは幼なじみ。マナのフォロー役に回ることが多く、勉強が大好き。四葉ありす(キュアロゼッタ)は、四葉財閥のご令嬢。優しく思いやりに溢れた、おっとりした女の子だが、大切な友人が傷つけられると積極的になる一面も…。マナや六花とは幼なじみで、現在は名門私立・七ツ橋学園に通学中。そしてキュアソードは、トランプ王国からマリー・アンジュ王女とともに地球へと逃げてきたプリキュアで、今は王女とはぐれて独りになっている。個性豊かな4人のプリキュアと、それぞれシャルル、ラケル、ランス、ダビィという守護妖精が取り巻くトランプ王国が、キングジコチュー率いる絶対的な悪の存在・ジコチューの侵略を防ぐべく戦いを挑む。

ABCの松下洋幸プロデューサーは「2013年のプリキュアは、全力で『愛』をお届けします! キュアハートを始め、新しく生まれたプリキュアたちが『誰かのために何かをしてあげたい!』という心の底から沸き上がるドキドキのパワーでアッと驚く展開を巻き起こしていきます。皆さんで楽しくワイワイ見ていただきながら、胸の奥で、心のドキドキ!っという“熱さ”を感じていただける作品です。お楽しみに!」とアピールした。

「ドキドキ!プリキュア」
2013年2月3日(日)スタート
毎週日曜 朝8:30-9:00
ABC・テレビ朝日系で放送