夫に逃げられ、年下の青年に一目ぼれ…広末涼子が“肝っ玉シングルマザー”役で17年ぶりに連ドラ主演! 

2013/04/25 05:00 配信

この夏、17年ぶりに連続ドラマ主演を務める広末涼子。“肝っ玉シングルマザー”というこれまでにない役柄に挑戦する

この夏、17年ぶりに連続ドラマ主演を務める広末涼子。“肝っ玉シングルマザー”というこれまでにない役柄に挑戦する

フジテレビ系7月クールの火曜夜10時枠は、広末涼子主演のドラマ「スターマン~この星の恋~」(仮)に決定。夫に逃げられた肝っ玉シングルマザーが、突然目の前に現れた謎の青年に一目ぼれするラブロマンスで、3人の子供を抱える現実問題と、突然の出会いで芽生えた恋心との狭間で奮闘する、強くて弱いヒロインの姿を痛快に描く。広末は惣菜店で働く、3人の息子の母親・宇野佐和子役を、福士蒼汰が記憶をなくした謎の青年・星男を演じる。大ざっぱな性格のため、夫に逃げられた佐和子は、突然目の前に現れた記憶喪失の青年に一目ぼれ。記憶がないことをいいことに、青年を“星男”と名付け、自分の夫に仕立て上げ、3人の父親として同居させることを決意する。

広末は「福士くんは、19歳だと聞いて『犯罪になっちゃう…(笑)』と心配しましたが、実際会ってみたら落ち着いていて、ドッシリとされていたので安心しました。これまで年下の男性とお芝居することがあまりなかったので、なんだかドキドキしちゃいます。17年ぶりの主演ということで、みんなが元気の出るようなドラマになるよう頑張ります!」と意気込みを。一方、福士は「実年齢より上の役なので、普段より大人っぽく見せようと思っています。広末さんは小さい頃からテレビで見てきた方。現場でも、ふんわりと輪に入れてくれるとても優しい方です」と印象を明かす(ちなみに17年前の主演ドラマはフジテレビ系で放送された「木曜の怪談 魔法のキモチ」。広末は女子高生ヒロインを演じた)。

演出を堤幸彦、脚本を岡田恵和が担当するこのドラマは、2人がラジオで共演したことから生まれた。堤は「僕は岡田さんの大ファン大ファンだったので。『最後から二番目の恋』('12年フジ系)とか大好きだったんです。それでラジオで、『なにかご一緒できたらいいですね』という話になりました。誰も見たことのないものを作ろうという思いで作っています。一言で言ったら"とんでもないファミリードラマ"かな」と新作の構想を明かした。

新ドラマ
「スターマン~この星の恋~」(仮)
7月スタート 毎週火曜 夜10:00-10:54
フジテレビ系にて放送