玉木宏主演の“医療×刑事”ドラマが放送決定!

2013/07/18 21:32 配信

ドラマスペシャル「事件救命医~IMATの奇跡~」がことし9月に放送決定!

ドラマスペシャル「事件救命医~IMATの奇跡~」がことし9月に放送決定!

玉木宏主演のドラマスペシャル「事件救命医~IMATの奇跡~」がことし9月にテレビ朝日系で放送されることが分かった。

玉木は、事件現場で負傷者の救命活動をする現場医療派遣チーム「Incident Medical Assistance Team」(IMAT)のメンバーで、救命救急センターの医師・日向晶を演じる。また、田中圭が、攻撃的で熱い性格のSIT隊員、影浦琢磨役で出演。ほか、IMATメンバーで日向の同僚、美山ゆかりを貫地谷しほりが、SITやIMATメンバーを心理カウンセラーとしてサポートする紗弓真理を水野美紀、SITの隊長で琢磨の上官、荒井健三を高橋克典が演じる。

脚本は「医龍」シリーズや「BOSS」シリーズ(いずれもフジテレビ系)など多くの医療ドラマや刑事ドラマを手掛けてきた林宏司氏が担当。医療ドラマと刑事ドラマを合体させた本作は、立てこもりの事件現場が舞台となる。医者と刑事、立場の違う2人の男が抱くリアルな感情を描きだす。井上千尋プロデューサーは、「立てこもりの現場を描いたサスペンスドラマはこれまで数多く作られてきました。しかし、その現場で活躍する医師を描いたドラマは本邦初ではないでしょうか」と自信をのぞかせる。

主演の玉木は、「IMATという新しい素材をテーマに、ドラマづくりに挑めることをとてもうれしく思っています。初めて台本を読んだ時は、撮影時のことを考えて『大変だな』という思いがよぎりました。その通り、現場は毎日がイベント続きで、難しい医療専門用語との格闘、関東近県で行われたロケ地への連日の移動、炎天下での重装備、突然の大雨、その中での体調管理など、すべてにおいて大変な思いをしました。しかし、医師役は初めてでしたし、これまでの経験値だけではできない役への挑戦を、楽しませていただきました。撮影は1カ月に及び、映画並みのスケールで行われました。息つく暇もなく、見入っていただける作品に仕上がっていると思います。医療ドラマも、刑事ドラマも、それだけで十分面白いのに、その両方が味わえるこのドラマは一粒で2度美味しい(笑)。また、IMATの存在を知ってもらえるきっかけになればとも思います。医療チーム・警察・犯人と人質たち、3つの場面が同時進行するスリリングなドラマ展開を、どうぞお楽しみください」とアピールした。

「ドラマスペシャル 事件救命医~IMATの奇跡~」
'13年10月、テレビ朝日系にて放送

関連人物