大森南朋主演の新ドラマは豪華キャスト陣と「LINK」するミステリー!

2013/09/30 21:20 配信

ドラマ

記者会見に出席したドラマ「LINK」の豪華キャスト8人と深川監督

記者会見に出席したドラマ「LINK」の豪華キャスト8人と深川監督

10月6日(日)からWOWOWプライムでスタートする連続ドラマW「LINK」の制作発表会見が9月29日に都内で行われた。

同ドラマは、篠崎絵里子脚本による全5話構成の完全オリジナルストーリー。映画「白夜行」('11年)などでメガホンをとった深川栄洋が連続ドラマを初監督。ある事件をきっかけに、他人同士の運命が思いがけない形でつながっていくヒューマンミステリーとなっている。

会見には深川栄洋監督をはじめ、大森南朋、田中麗奈、玉山鉄二、ミムラ、田中直樹、綾野剛、武田鉄矢、黒木瞳の豪華キャスト8人が登壇した。

無口なボディーガード・寺原を演じる大森は「寺原という男の細かい部分は監督と話し合って決めて、少しずつ構築していきました」と明かした。また、WOWOWドラマ初出演の田中麗奈は「猛暑の撮影だったが、集中しながらも、のびのびとできました。本番になっても何が起きるかわからないスリルがあったので、撮影自体も冒険しているようで楽しかったです」と語った。そして、やり手の政治家を演じる武田は、もしも政治家になったらという質問に「イメージがあるので、文部科学大臣ですかね(笑)」と笑いを誘った。

一方、IT企業社長・ショーンを演じる綾野は、「ここ3年くらいで一番苦労した役だったと思います。ショーンが深川監督のイメージだったので、監督の吐息や呼吸をショーンに活かせたと思います。ショーンは監督だと思ってください(笑)」と撮影秘話を告白し、黒木は「監督はとても繊細な演出をしてくださいました。印象的なセリフも多く、後味のいいさわやかな作品です」とアピールした。

さらに、大森が「綾野君とは向かい合った芝居をするのが今回初めてで、そのことに全く気付かず、当日現場で向かい合った瞬間にお互い気付いて急に照れ合ってしまいました(笑)」と裏話を明かし、会場を沸かせた。

最後に、深川監督は「第1話は無料放送なので、是非見てください。登場人物の心の移り行く瞬間を確認していくと、第5話目ではとても壮大な思いが見えてきます。絶対損はさせません!」と力強くアピールした。

連続ドラマW「LINK」
10月6日(日)スタート
毎週日曜夜10:00-11:00(全5話)
WOWOWプライムにて放送 
※第1話無料