「クレヨンしんちゃん」を見て“あっちむいてホイ”! データ放送対応の新ゲームが登場!!

2013/10/18 08:00 配信

アニメ

「クレヨンしんちゃん」で連動データ放送対応の新ゲームが登場!

「クレヨンしんちゃん」で連動データ放送対応の新ゲームが登場!

毎週金曜に放送中のアニメ「クレヨンしんちゃん」(テレビ朝日系)で、10月18日(金)から連動データ放送対応の新ゲーム「東西南北あっちむいてホイ!」がスタートすることが分かった。ことし12月いっぱいの放送までプレーすることができる。

同アニメが放送している時間に、d(データ放送)ボタンを押してデータ放送画面を立ち上げ、画面に表示されている4つのボタン「東」「西」「南」「北」から、主人公・野原しんのすけ(声・矢島晶子)が向く方向を予想。ゲームの獲得ポイントによってデータ放送限定商品がプレゼントされるという視聴者連動型の企画となっている。しんちゃんの向く方向を当てると3点獲得、外れても“参加賞”として1点を獲得することができる。また、得点が2倍になるチャンスも用意され、ポイントを一定数貯めるとプレゼントに応募することが可能になる。プレゼントは2種類で、7点集めると応募できるのが「オラの~ヒ・ミ・ツのおたのしみ袋」(10名様)、3点で応募可能なのが「オラがいっぱい!ご当地シール」(50名様)。応募は番組ホームページから、データ放送画面に表示されるキーワードをメモして年内中は応募することができる。しんちゃんと遊んで豪華プレゼントをもらっちゃおう。

10月18日(金)放送の「ボウリング対決だゾ」では、しんのすけたちが通う“ふたば幼稚園”のボウリング大会の日、しんのすけは風間くん(声・真柴摩利)とペアを組み、ばら組のペアと勝負することに。対戦相手は、常にしんのすけたち“ひまわり組”を敵視する“チーター”こと河村(声・大塚智子)と、“転がすこと全てが得意”という園児・頃樫文五郎(ころがし・ぶんごろう)という強敵。文五郎は1投目から美しいフォームでストライクを決め、続くチーターも3ピンを残す上々の結果に。一方、風間くんはスペアを取るものの、しんのすけはガーターというスロースタート。その後も文五郎とチーターに連続でストライクを決められ、このままでは差が開くばかりと風間くんは焦る。しかし、あくまでマイペースを貫くしんのすけはトイレに行ってしまう…というストーリーが展開される。

「クレヨンしんちゃん」
毎週金曜夜7:30-7:54
テレビ朝日系にて放送