満島ひかりが南アフリカの大地で本物のチーターと共演!

2014/02/06 15:30 配信

大塚製薬「カロリーメイト」の新CM「人間とチーター」篇で、アフリカにてチーターと共演する満島ひかり

大塚製薬「カロリーメイト」の新CM「人間とチーター」篇で、アフリカにてチーターと共演する満島ひかり

大塚製薬は、「カロリーメイト」のイメージキャラクターに満島ひかりを起用したテレビCM「人間とチーター」篇を2月9日(日)から全国放映することを発表した。映画やドラマなどで活躍中の女優・満島ひかりは今回、南アフリカへ赴き、CMで本物のチーターと共演。現地の調教師も驚くほど、短期間で見事にチーターとの関係を築き、CM共演を成功させた。チーターと並んで南アフリカの広大なサバンナを歩く美しい情景と、木陰でカロリーメイトと食べる満島の姿に注目だ。

撮影は1月上旬、南アフリカのヨハネスブルグから車で3時間以上離れたサバンナの真ん中、東京から現場までの移動時間は実に30時間もかかる場所で行われた。アフリカを訪れたのは初めてだという満島は、打ち合わせ段階から「チーターと私の姿を合成したCMは避けたいです。実際に触れられるならば触れて、共演したいです。怖いとは思っていません」とチーターの写真や資料に見入っていた。

現場に着くと満島は、チーターに臆することなく近づき、調教師の指導の下でコミュニケーションをとりはじめた。その後、撮影が進むにつれ、満島とチーターの親密さは増していった。満島は、チーターの感想を「毛が固くて、なでてるとツヤが出てくるんです。グラフィックの撮影のときはよく私が肩をなめられました」と語った。指導にあたった調教師も「こんなに短期間で完全にコミュニケーションできる人はほとんどいなかった。アジア人の女性としては初めてだ!」と驚いていた。撮影終了後、満島は「撮影中、彼と私の関係は優しくて、リラックスしていました。もう会えないかと思うと、とってもさみしい。せっかく好きになれたのに」とコメントし、チーターとの別れを惜しみつつ、南アフリカをあとにした。

新CMでは、カロリーメイトが人の体に必要な栄養を考えて開発された“バランス栄養食”であることを、チーターに問いかけながら歩くというインパクトのある映像で訴求している。「チーターは肉しか食べないのに、どうして栄養バランスが偏らないんだろう」というナレーションとともに、人間には人間にあった栄養バランスが必要であり、カロリーメイトはバランス栄養食であることを伝える。

カロリーメイト新CM「人間とチーター」篇
2月9日(日)より全国で放送開始