三倉茉奈が見ていて安心できる理想の男性のタイプとは!?

2014/02/26 20:38 配信

ドラマ

月曜ミステリーシアター「隠蔽捜査」で竜崎(杉本哲太)の娘・美紀を演じる三倉茉奈

月曜ミステリーシアター「隠蔽捜査」で竜崎(杉本哲太)の娘・美紀を演じる三倉茉奈

警察内の権力闘争や人間関係、家族内の問題に直面しながら自身の信念を貫き通すキャリア官僚の群青劇を描いた月曜ミステリーシアター「隠蔽捜査」(TBS系)が現在放送中。

同ドラマは、キャリアの竜崎(杉本哲太)が同期の伊丹(古田新太)と協力したり、時にはぶつかりながら、警察内部の圧力に屈せず多彩な事件に挑み続けるキャリア官僚の活躍を描いたドラマ。

今回、主人公・竜崎の長女・美紀役として出演中の三倉茉奈に撮影秘話などについて語ってもらった。

――三倉さんから見た竜崎の印象を教えてください。

あまりにも真っすぐ過ぎて発言とか行動が変には見えるけれど、ドラマを見ているとその変人さが格好良いんです。逆に家での変人さは滑稽でかわいいかな。(私が演じている)美紀は竜崎に似て理屈っぽい上に口が達者なので、よく竜崎ともめるシーンが多いんですけど、(正直)撮影をしていて楽しいです。

――もし竜崎のような人が自分の父親だったら?

この家族の美紀も竜崎の変わり者の血を引いているんです。だから、言い出したら聞かない。そこを上手にまとめているのが、鈴木砂羽さんが演じている冴子なんです。官僚の妻となったことをどっしりと受け止めていて、何が起きても動じないし夫婦の信頼関係が出来ているからこそ、何があっても揺らがないんだろうなと思います。あの母親の存在がとにかく大きい。もし竜崎が(私の)お父さんでも冴子のような母親がいればうまくいくし、いなければきっと口げんかばかりしていると思います。でも、(美紀も竜崎も)喧嘩はするけど嫌いじゃないんですよ。お互い似ているからこそ、もめちゃうんです。

――三倉さんも美紀のように両親にはっきり主張を伝えるタイプですか?

(私と両親は)何でも言い合う関係なので、美紀と竜崎のようにはっきり言い合いますし、私と母も似ているところが多くて、お互い意見を譲らないんです。だから言いたいことを言って、よくもめてますね(笑)。でも、仲はすごくいいですよ。今回のドラマと似ているところが多いので、自分の役には共感しています。特に頑固で意見をはっきり言っちゃうところが…(笑)

――付き合っている彼の海外出張が決まって今後の関係に悩む美紀ですが、同じ立場ならどうしますか?

寂しがりやなので、遠距離は悩みますね。一緒に付いて行っちゃうかな~。もしくはまめに連絡をくれる人なら…難しいですね(笑)。美紀は基本サバサバしている性格なんですが、結婚するかどうかは揺れ動いていて、乙女な部分が出ているんです。(ドラマでは)たまに出る乙女な部分を見てほしいですね。

――冴子のような官僚の奥様になりたいと思ったことはありますか?

ん~正直大変でしょうね。でもお互い支え合う気持ちがあったらいけるのかな。

――理想の男性のタイプを教えてください。

はっきりしているタイプの人が好きです。ドラマの竜崎と伊丹なら竜崎の方が好きで、真っすぐで迷いがないところがいいですね。伊丹は周りの意見に左右されて揺れるタイプですけど、竜崎ははっきりしているので。私は仕事とかで結構悩んでしまうタイプなので、はっきりした人が側にいてくれると安心かな。迷いがないところが気持ちいいですね。

――撮影の合間のエピソードを教えてください。

私は家族と一緒にご飯を食べながら話をするシーンが多いんですけど、とにかく竜崎家のご飯の味がおいしくて、撮影の合間にはみんなでよく食べているんです。それで、邦彦演じる玲於くん(佐野玲於)が若いので、みんなで「もっといっぱいあれを食べろ、これを食べろ」って(笑)。(この間も)伊丹が竜崎家に来たシーンの時に、殻の付いてるエビが出されていてすごく食べにくかったんですけど、古田さんが玲於くんに「エビ食べろ、エビ食べろ」って言ってました。ドラマで話しながら食べるのってすごく難しいんですよ。でも、玲於くんはせりふ言わなきゃって思うからあんまり食べようとしないんです。だから、すっごく小さく切ったダイコンを食べたりして、「ちょっとそれ、ちっちゃいやろ~」って(笑)。彼はとにかくみんなから「食べろ」って言われてますね。

――三倉さんは料理好きですか。

はい。家にいる時と休みの時はいつも作ってますね。カフェに行くことが好きなので、カフェで出されるような洋食系が多いかな。オムライスとかパンケーキとかそういうものを作りがちです。でも最近は和食にも挑戦しています。

――ドラマの見どころと視聴者へのメッセージをお願いします。

一人の視聴者として(このドラマは)見ていてすごく気持ちがいいです。それに、(登場してくる)キャリアの人々は、それぞれ自分の立場とか役職、世間の目から自分を守ろうとしていきますが、それにとらわれずどんなことにも負けずに挑んで行く竜崎と、それによって変わっていく周りの人たちを見ていると、すごく考えさせられる内容だと思います。 今からでもたくさんの人に見ていただいて、スッキリできるドラマですので楽しんでいただければと思います。

3月3日(月)放送の第8話では、ひき逃げ事件が発生し竜崎は署員に捜査を指示するが犯人に逃げられてしまう。一方、伊丹は外務省の職員の他殺体が発見された事件の情報を集めるため、竜崎に捜査員の手配を依頼。そんな中、ひき逃げ事件の被害者が元外務省官僚だと判明し、伊丹と竜崎は二つの事件の関連性を疑う。一方、竜崎の元に美紀の恋人が搭乗したかもしれないカザフスタン行きの飛行機が墜落したという連絡が入り、竜崎は外務省で働く知人に日本人乗客の情報を問い合わせをしてみるが…。

月曜ミステリーシアター「隠蔽捜査」
毎週月曜夜8:00-8.54
TBS系にて放送