石井一久の初仕事は肩慣らし!? 自己採点は75点以上!

2014/02/28 20:37 配信

吉本興業の宣伝担当として「R100」をPRする石井一久

吉本興業の宣伝担当として「R100」をPRする石井一久

4月1日(火)付けで吉本興業の契約社員となる元プロ野球選手の石井一久が、松本人志監督作品「R100」Blu-ray&DVDの宣伝を行った。現在、石井は研修中で、このイベントが社員初仕事となる。ゲストとして本作の英語字幕版翻訳を担当したチャド・マレーン、デニス(松下宣夫・植野行雄)、マテンロウ(アントニー・大野大介)も出席した。

初仕事を終えた石井は、現役時代をほうふつとさせる野球調で「あくまで調整段階、今日は肩慣らし。最初にしては上々の立ち上がり、75点以上」と自信ありげにコメント。また、妻でフリーアナウンサーの木佐彩子からは「なるべく覚えられるところは覚えて、紙を見た時にパッと目が行くようにに(重要なところは)赤くしておきなさい」とアドバイスをもらったといい、「その通りにできたと思う」と満足げに笑みを浮かべた。しかし、実際は進行の仕切りが悪くグダグダで、ゲストたちからは「こんなやりにくいことはない」とのクレームも! 

さらに、石井は元メジャーリーガーをいうことで、オープン戦に登板が予定されているニューヨーク・ヤンキースの田中将大投手に対してのアドバイスを求められると、「まだオープン戦だから、緊張というかワクワクする楽しさを満喫してほしい」とエールを送った。

「R100」
発売中
DVD 3990円
Blu-ray 4935円