「最近泣いたのは、離婚です」西川史子が“涙活”イベントに登場!

2014/04/02 23:55 配信

「dビデオ涙活女子会」を開催

「dビデオ涙活女子会」を開催

エイベックスが、4月2日、都内で「dビデオ涙活女子会」を開催。ゲストに西川史子と“なみだ先生”こと感涙療法士の吉田英史氏が登場し、トークショーを行った。

同イベントは、意識的に涙を流すことで心のデトックスに有効的と話題の“涙活”と、動画配信サービス“dビデオ”がコラボレーションしたもので、西川と吉田氏によるトークショーの後、一般女性30人が“dビデオ”で配信中のミュージックビデオを実際に視聴して“涙活”を実践した。

トークショーでは、「最近、涙を流したのは?」と聞かれた西川が「離婚ですね」と答えて会場を沸かせ、「離婚するまではいくらでも泣けたのですが、離婚してからは泣けなくなりました。涙を出し尽くしたんですかね…(笑)」と告白。

一方、吉田氏は「涙を流す行為が睡眠や運動よりもストレス解消にいいということが、最近の脳科学で分かって来ました。涙を流すとセロトニンが分泌されて、起きていながら交感神経が副交感神経に変えられるんです」と“涙活”の意義をアピールした。

そんな中、吉田氏が「情動の涙を流すことによってスッキリするんです」と語ると、西川が「離婚のときは、全然スッキリしなかったんですけど!」と反論。吉田氏は「それは、(スッキリするためには)ちょっと足りなかったのかも知れませんね…(苦笑)」と慌てる一幕も。

また、西川は「泣いたときに目をこするのは止めた方がいいんですよ。次の日に目が腫れてしまうので。女子アナの方から聞いたのですが、泣くときは目をこすらず涙が流れるままにしてちょっと拭うくらいにしないと、こすってしまうと次の日が大変。知らずに目を腫らしたまま生放送に出ちゃったことがあったので、その対処法を聞いてからはこすらないようにしています」と参加者に女性ならではのアドバイスを送った。

参加者による“涙活”では、一人一人にタブレットが渡され、吉田氏が選んだクリス・ハートの「旅立つ日」とMay J.の「生きてこそ」のミュージックビデオを視聴。静かにすすり泣く声が漏れる中、イベントは幕を閉じた。