「滝沢、腹筋いいよ!」相方・今井翼も絶賛!「滝沢歌舞伎2014」東京公演始まる

2014/04/07 19:01 配信

舞台「滝沢歌舞伎2014」 4月7日~5月6日(火・祝)

舞台「滝沢歌舞伎2014」 4月7日~5月6日(火・祝)

滝沢秀明出演・演出の舞台「滝沢歌舞伎2014」(4月7日~5月6日・火祝)のゲネプロ及び囲み取材が、4月7日に東京・新橋演舞場で行われた。

同舞台は、'06年春に行われた舞台「滝沢演舞城」から9年目を迎える滝沢による比類なきエンターテインメント。第1部では、客席の上を舞うフライングやMASK、ダンス、大人数での和太鼓演奏のほか、ドラマ「鼠、江戸を疾る」(NHK総合)でも演じている鼠小僧の場面も登場。第2部では、源義経の生涯と伝説を新たな視点で描き出したドラマを披露する。

ゲネプロ後に行われた囲み取材に登場した滝沢は「ことしで9年目を迎えますが、初演当初はここまで続くとは思っていなかったので、非常にうれしいです。毎年、作品が“変化”ではなく“進化”することを目標にやってきていますので、『昨年よりもことしの自分は、さらに良く見えるように頑張ろう』という思いでやっています」と胸中を明かした。

また、今回の見どころについて「少しですが『鼠小僧』を題材に取り入れていまして、最初8万枚の小判を客席にまく予定だったのですが、実際にまいてみると『足りない…』と思ってしまって、10万枚に増やしました。(小判は)お客様のお土産になればいいなという思いと滞空時間を考えて、アメリカで作ってもらった特殊なフィルムなんです。ぜひ持ち帰っていただければと思います」とこだわりを告白。

ことしは3月に福岡・博多座での公演を経て東京公演に臨むが、「福岡では3月に桜が咲き始めて、桜と一緒に東京に来た感じです(笑)。博多座では、初めて生でご覧になったお客様が多くて、僕らとしても新鮮な気持ちでできました。新橋演舞場とはまた違った魅力がありましたね」と福岡公演を振り返り、「博多に行けてすごくよかったなと思いますし、自分たちがいろいろなところに行くというのも悪くないなと感じましたので、いずれチャンスがあればぜひ海外公演もやってみたいですね」と意欲を見せた。

そんな中、福岡公演中に迎えた誕生日について「キャストのみんながステージ上でサプライズをしてくれました。相方(今井翼)も内緒で来てくれて、『滝沢、腹筋いいよ!』って言ってくれました(笑)。その後、幹事として全員連れて誕生日会をしてくれました」とエピソードを披露。

最後に「9年間の今までやってきたこと全てを取り入れ、楽しんでいただける自信を持って公演を行いますので、ぜひ楽しみにしていただければと思います!」とアピールした。

舞台「滝沢歌舞伎2014」
4月7日~5月6日(火・祝)
※4月11日(金)、21日(月)、5月2日(金)は休演
東京・新橋演舞場