小栗旬と元BJCの中村達也の壮絶な殴り合いに注目!? 「BORDER」第7話がオンエア!

2014/05/22 06:15 配信

ドラマ

「BORDER」の第7話『敗北』で石川(小栗旬)は“掃除屋”相手に悪戦苦闘する!

「BORDER」の第7話『敗北』で石川(小栗旬)は“掃除屋”相手に悪戦苦闘する!

5月22日(木)に放送される小栗旬主演ドラマ「BORDER」(テレビ朝日系)の第7話『敗北』で、小栗扮する主人公・石川安吾がこれまで対峙したことのない強敵と対決。死者と対話する能力で、ある意味“負け知らず”だった石川に最大のピンチが訪れる。

今回登場する敵は、元BLANKEY JET CITYのドラマーでカリスマ的人気を誇る中村達也扮する“掃除屋”神坂。石川はまじめな学生がひき逃げにより命を落としてしまった事件の捜査をする過程で神坂にたどり着く。神坂はこれまでの犯罪者たちとは一味も二味も違う、裏社会の“必殺仕事人”。おもに政財界の実力者が影で仕事をお願いする人物で、決定的とも言える証拠や、証言をことごとく消し去り、なかったことにしてしまう。その神坂の暗躍によって、第一発見者の有力な証言や状況証拠がなくなる。石川や立花(青木崇高)はなすすべもなく、さらに被疑者の父が元警察官僚ということで、上司の市倉(遠藤憲一)から捜査を止められてしまう。

それでも石川は市倉に内緒で情報屋の赤井(古田新太)や便利屋スズキ(滝藤賢一)、ハッカーのサイモン(浜野謙太)&ガーファンクル(野間口徹)ら裏社会コネクションをフル活用し、独自の捜査を続行。しかし、赤井ですら正確な情報を掴めていない神坂が相手だけに、今回ばかりは相手が悪いと、尻込みしてしまう一同。純朴な被害者から「犯人を捕まえてください…」と切なる思いで訴えられた石川は、掃除屋の“清掃作業”をかいくぐり、犯人を逮捕することができるのか…。今回放送の第7話『敗北』、第8話『決断』、そして最終話『越境』と、一瞬たりともまばたきが許されない激しい展開に期待が膨らむばかりだ。

テレビ朝日の山田兼司プロデューサーは「主人公が“最強の敵”とぶつかって負けるなんてことはなかなかないじゃないですか。主演の小栗さんもとても気に入っているストーリーで、ものすごい気合で臨んでくださったんです。なので、中村さんとの殺陣、壮絶な殴り合いのシーンはすごいシーンになっています! たぶん日本初なんじゃないかというぐらいカッコイイ殺陣を金城(一紀)さんが自ら考案してくれたので、アクションがかなりの見どころになると思います。7話~9話は怒涛の展開が続きますが、どれも目を離さずに見て欲しいですね!」と、自信たっぷりにアピールした。

ドラマ「BORDER」
毎週木曜夜9:00-9:54
テレビ朝日系で放送
※5月22日(木)は夜9:15-10:09に放送

関連ニュース

画像で見るニュース