ソフトバンクが人間の感情が分かるロボット・Pepperを発表! 見事なしゃべりに橋本環奈「映画みたい!」

2014/06/05 22:40 配信

芸能一般

ソフトバンクスループの「Papper発表記者会見」に登場した(左から)雨上がり決死隊・宮迫博之、Rev.from DVL・橋本環奈、樋口可南子、Pepper、上戸彩、ダンテ・カーヴァー、白戸家のお父さん

ソフトバンクスループの「Papper発表記者会見」に登場した(左から)雨上がり決死隊・宮迫博之、Rev.from DVL・橋本環奈、樋口可南子、Pepper、上戸彩、ダンテ・カーヴァー、白戸家のお父さん

ソフトバンクグループが、'15年2月に世界初の感情認識パーソナルロボット・Pepperを一般発売することを発表。その記者会見が6月5日(木)に千葉・舞浜アンフィシアターで行われ、同社の孫正義代表やゲストに上戸彩、樋口可南子、ダンテ・カーヴァー、白戸家のお父さん、雨上がり決死隊・宮迫博之、Rev.from DVL・橋本環奈らが出席した。

Pepperは、表情や声から人間の感情を察する最新のテクノロジー(感情認識機能)が搭載されており、相手が悲しんでいるときに励ましてくれたり、うれしいときは一緒に喜んでくれたりするパーソナルロボット。最初から完璧にとはいかないものの理解しようと頑張るといい、人間との触れ合いやクラウド・ネットワークと連携することで少しずつできることが増え、まるで人間のように成長していくという。'15年2月に一般発売が予定されており、価格は19万8000円となっている。

また、一般発売に先駆け、ソフトバンククルーとして訓練を受けたPepperが全国のソフトバンクショップに随時設置され、接客などを担当。早速、6月6日(金)に東京・表参道と銀座のソフトバンクショップでデビューし、実際にPepperと触れ合うことができるようになる。

孫代表は、「'49年に現在の全てのコンピューターの原型となるノイマン型のコンピュータが誕生しましたが、これは人間の脳でいえば“左脳”に相当する、計算したり、記憶したり、検索をするなど人間がロジカルに物を考える働きを担ってきました。それから65年、今回のロボットは感情や創造性など人間の“右脳”の働きを目的にしたコンピュータで、歴史的な転換点となります」と語った。また、二足歩行ではない点について「これまでよく見られている二足歩行のロボットは、だいたい30分~1時間くらいしかバッテリーが持たないが、あえてそうしないことで、最低12時間の連続稼働を可能にしました」と利点を強調した。

また、ゲストとして登場した橋本は「本当にビックリしました。すごくかわいかったですし、孫社長としゃべってるところなんて映画かなって」と、Pepperの流ちょうな会話っぷりに驚いた。

さらに、ダンテ、橋本、宮迫はpepperに搭載されているアプリ「ロボオーディション」に挑戦。“タンスに小指をぶつけてしまう”という同じお題で、それぞれが“怒る”“笑う”“泣く”の演技を披露。“天使すぎる”笑顔を見せた橋本を、上戸は「かわいい~」と絶賛した。3人のPepperの判定で1位を獲得したのは“泣く”の演技を見せた宮迫で、「普通にうれしいです!」と喜んだ。

Pepper
'15年2月発売予定
19万8000円

関連ニュース

画像で見るニュース