「熱闘甲子園」のキャスターに元球児の三上アナとピッカピカの新人アナが新加入!!

2014/06/11 05:00 配信

スポーツ

「熱闘甲子園」の新キャスターに決まった山本雪乃アナ(写真左)と三上大樹アナ(右)、そして3年目となる工藤公康(中央)

「熱闘甲子園」の新キャスターに決まった山本雪乃アナ(写真左)と三上大樹アナ(右)、そして3年目となる工藤公康(中央)

8月9日(土)に開幕する「第96回全国高等学校野球選手権大会」を盛り上げるべく、テレビ朝日系はことしも「熱闘甲子園」を放送。“ダイヤの原石”である高校球児の熱い闘いを伝える。そんな毎年恒例のスポーツ番組に、これが3年目となる工藤公康のほか、テレビ朝日の三上大樹アナと入社1年目のルーキー・山本雪乃アナがキャスターとして加入することが決定した。これで“3度目の夏”を迎える工藤は「いまかいまかと待ち遠しく、僕の中では早く来いという思いでいっぱいです」と、熱い夏を待ちわびていた。

今回起用された三上アナは、高校・大学時代を野球部で過ごし「生まれ変わったらプロ野球選手になりたい」と語るほどの野球好きとして知られる若手のホープ。「熱闘甲子園」のキャスターに男性アナが起用されるのは14年ぶりで、新しい風を吹きこむ。同様に新加入の山本アナは、ことし4月に入社したばかりの新人で、これが自身初の“全国ネット番組MC”となる。番組にとっても、新人アナをキャスターに起用するのは初めてのことで、元球児の三上アナ、大学を卒業したばかりの山本アナのフレッシュコンビが、球児やその世代により近い目線から熱戦を伝える。

そんなフレッシュな組み合わせのキャスター陣が、先日、初顔合わせ。「熱闘甲子園」PR用の写真を撮り、番組への意気込みなどを語る収録が、テレビ朝日本社7階の屋外テラスにて行われた。写真撮影では、チームのエースとして甲子園を目指した経験を持つ三上アナが、手渡されたボールを“ツーシーム”の形で握りポーズを決めた。「夢だった甲子園に、大好きな『熱闘甲子園』で関わることができる、本当にこれ以上ない幸せです!」と気合十分にコメントし、喜びを爆発させた。一方、山本アナはういういしい笑顔で撮影に臨んだ。実は山本アナも2人の兄が兄弟でバッテリーを組んでいた元高校球児ということで、高校野球には縁があるとか。「今回のキャスター抜てきが決まって、家族がみんな喜んでいます。すごくうれしいです!」と話し、「3人の中で私が高校球児と一番年代が近いので、フレッシュに頑張りたいと思います!」と意気込みを語った。

そんな2人の新キャスターから「ずっとテレビで見てきた大投手で、今の僕にとってはお父さんみたいな存在」(三上アナ)、「ホントに気さくで優しくてユーモアのある方」(山本アナ)と、絶大な信頼を寄せられる工藤。2人の新キャスターに対し「三上アナには、高校球児だった経験を生かして、高校野球の素晴らしさ、そして甲子園に出た球児たちがどんなことを思って闘っているのかを伝えてほしい。山本アナには、球児たちの頑張る姿を女性の目から見た時にどう感じるか、そこを素直に、飾らないで伝えてほしい!」と期待を寄せた。

さらに、3人そろって行われたPR写真撮影やコメント収録は、工藤が終始ユーモアにあふれるコメントで場をなごませながら和気あいあいと進行。「熱闘甲子園」と書かれたプラカードを持った山本アナを先頭に、3人が入場行進をしている雰囲気の写真などを撮影した。最後に行われたコメント収録では、三上アナが「今はサッカーワールドカップで盛り上がっていますが、この後は熱い熱い甲子園の季節が始まりますので、そのままの熱気で高校野球も応援してほしいと思います!」と語ると、工藤も「高校生の熱いプレー、一球に懸ける思い、そしてベンチや監督を含め、そのチームワークをぜひ見ていただきたいと思います」とアピール。高校野球に縁が深く熱い思いを抱く3人のキャスターが、高校球児の奮闘を伝えることしの「熱闘甲子園」は、例年以上の白熱したスタジオになりそうだ。

「熱闘甲子園」
8月9日(土)~8月23日(土) テレビ朝日系で放送
月~金 夜11:10-11:40(予定)
土・日 夜11:15-11:45(予定)
※雨天順延あり、決勝戦まで放送、雨天等で全試合中止の場合は番組休止