目指せワールドカップ優勝! 日本代表に大空翼もオーバーヘッドでエール!!

2014/06/14 09:00 配信

イベント・舞台

展覧会のために描き下ろした巨大イラスト制作には「連載と同時にやっていたこともあり1カ月近くかかりました」と苦労を明かす

展覧会のために描き下ろした巨大イラスト制作には「連載と同時にやっていたこともあり1カ月近くかかりました」と苦労を明かす

6月14日から東京・上野の森美術館で開催されている「ボールはともだち。キャプテン翼展」。主人公・大空翼の活躍と成長を描いた大人気サッカー漫画は、13日から始まったブラジルワールドカップに出場するメッシ(アルゼンチン代表)やネイマール(ブラジル代表)イニエスタ(スペイン代表)ら、トップレベルのサッカー選手たちに影響を与え、日本代表のキャプテン・長谷部誠がサッカーを始めるきっかけになったことでも有名だ。

「ボールはともだち。キャプテン翼展」では、10個のカテゴリーに分けられ、作者の高橋陽一さんが自ら選んだ名シーンを振り返る数々の原画作品200点以上や、各時代の翼の仲間、ライバルたちがパネルで紹介されている。入り口では「キャプテン翼」の日本代表メンバーが出迎え、その先には、作品の舞台となった南葛市のジオラマや、日本代表のユニホームを身にまとった翼の等身大フィギュアなども展示。高橋さん考案のサッカーアトラクション「DREAM KICK」では、特製キャラクター・カードがもらえるスマートボール形式のゲームも楽しめるほか、イニエスタが“キャプ翼愛”を語る映像も見られる。

初の大規模個展となった今回、高橋さんは「W杯イヤーに運命的なタイミングでこんな大きな展覧会ができることをうれしく思う」とほおをゆるめ、本展覧会のために描き下ろした3m×2.2mの巨大なイラストについては「(W杯の)日本の優勝、活躍を願って描きました。日本人選手の誰かが、このオーバーヘッドシュートで決めてくれたら…」と期待を込めた。“キャプ翼”好きは当然のことながら、サッカーを愛する多くの人が心躍る展示となっている。会期は7月6日(日)まで開催。

また本個展とは別に、Jリーグと「キャプテン翼」がコラボした企画「DREAM SHOOT」では、漫画に登場する必殺シュートの再現に、日本代表の大久保嘉人、山口蛍をはじめとする現役Jリーガーが挑戦する動画を更新中。少年時代に憧れ、挑戦を試みた夢のシュートが見事、ゴールネットに突きささっている。

「ボールはともだち。キャプテン翼展」
東京・上野の森美術館
6月14日(土)~7月6日(日)
展示室1 大空へはばたけ!~天才サッカー少年 あらわる~
展示室2 南葛SC誕生!~仲間たちとの絆~
展示室3 勝つのは俺たちだ!~打倒!南葛中~
展示室4 戦え!日本Jr.ユース代表~驚異のライバル出現~
展示室5 新しい風、吹く~夢の舞台は世界へ~
展示室6-1 高橋陽一Works/展示室6-2 世界に拡がる「キャプテン翼」
展示室7 ボールはともだち。みんなともだち 映像コーナー!
展示室8 サッカーアトラクション“DREAM KICK”
展示室9 翼inバルセロナコーナー
展示室10 勝利を目指して~俺たちの夢は世界一~

Jリーグ×キャプテン翼「DREAM SHOOT」
http://www.dreamshoot.net/
第1弾 FC東京の太田宏介選手がカミソリシュートに挑戦
第2弾 川崎フロンターレの大久保嘉人選手&中村憲剛選手が反動蹴速迅砲に挑戦
第3弾 セレッソ大阪の山口蛍選手&扇原貴宏選手がツインシュートに挑戦