“悪女”も演じてみたい! 松井玲奈の主演映画「gift」の舞台あいさつをリポート(1)

2014/07/20 14:55 配信

映画「gift」の舞台あいさつが行われ柿澤勇人、松井玲奈、富岡太郎監督が登場(写真左から)

映画「gift」の舞台あいさつが行われ柿澤勇人、松井玲奈、富岡太郎監督が登場(写真左から)

6月14日から愛知県限定公開でスタートした遠藤憲一と松井玲奈(SKE48/乃木坂46)W主演の映画「gift」が、7月12日より全国公開。さらに、7月19日には東京・シネマート新宿にて舞台あいさつが行われ、松井、柿澤勇人、富岡太郎監督が登場した。

同作は一代で財を成したが、傍若無人な性格と人に心を許さない偏屈さが災いし、周囲に疎まれている孤独な会社会長・篠崎善三(遠藤)と、肉親の愛を得られず、唯一の弟にも拒否され、怠惰な日々を排他的に過ごすキャバ嬢・山根沙織(松井)。そんな二人がひょんなことで出会い、篠崎から沙織に持ち掛けられた謎めいたバイトをきっかけに旅を始めるロードムービー。さらに、篠崎と沙織を追いかける借金取り千葉一郎を柿澤が演じている。

そんな見どころ盛りだくさんな「gift」の舞台あいさつをリポート!

――全国公開されたことについての感想を教えてください。

松井:この映画は最初、愛知限定公開だったんですけど本当にたくさんの方がご覧になってくださって、全国公開になることができて本当に良かったなって思っています。映画の中では旅をしてるんですけど、この映画もいろいろなところに旅ができて良かったなって思っています。本当にありがとうございます。

柿澤:初めまして柿澤勇人と申します。本日は本当にありがとうございました。劇中ではゲスな役をやらせていただきまして、松井さんのファンにきょうはボコボコにされるんじゃないかなと新宿に来るまで、本当にビクビクしてました(笑)。普段は普通の男なのでよろしくお願い致します。

宮岡監督:本日は新宿まで、本当にこんなに多くの方に来ていただいてありがとうございました。本当に名古屋で始まって、全国公開にいけるのかどうかが皆さんに懸かっていたので、みんなでドキドキして待っていたんですけど、こうやって一人一人がTwitterとか、Facebookとかインターネット上で広めてくださったこともあって、こういう全国公開ということになったことをすごく感謝しています。ありがとうございます。

――映画初主演おめでとうございます。主人公・沙織との共通点は?

松井:ありがとうございます。そうですね、沙織自体が結構テンションが低めで、世の中にいいことなんてないみたいな感じで思っているタイプの女の子だったんですけど、中学2年生のときの自分にそっくりだなって思っていて(笑)。反抗期のまま大人になるとこういう感じになるんだなっていうふうに思っていたので、中学2年生の時の自分を引っ張り出してきて、膨らませていたんですけど、なんかそういうちょっと暗いところとか、ボソボソしゃべっているところとか、普段の私にちょっと似てるなと思っています。

――中学2年生に一体何が?

松井:基本的にみんな反抗期にならないんですか? 中2ぐらいって。

観客:ならない。

松井:そんなウソウソウソウソ! すごい勢いで裏切られた気分! 高校生の男の子とかお母さんに反抗したりするじゃないですか。「ちょっとやめろよ」みたいな。そういうことも私もあったんですね。そういうことです。

――言葉遣いも乱暴だった?

松井:乱暴ではないですよ! 乱暴ではないですけど、ちょっと母とけんかして家でいろいろあったみたいなことはありました(笑)。

――いろいろ濁されると気になってしまいますが?

松井:気になるぐらいがちょうどいいかなっと思います(笑)。

――棒付きキャンディーによって不気味さが増す千葉を演じてみていかがでしたか?

柿澤:そこツッコみますか? そこ一番ツッコんじゃいけないところ! さっきビクビクしるって言ったのに…。

――柿澤演じる千葉に沙織が棒付きキャンディーをくわえさせられるシーンでは?

松井:リハーサルの時は寸前で止めてたじゃないですか?

柿澤:そうなんですよ、一応気を遣って…。

松井:わたし、あれ(キャンディーを)入れるって知らなかったんですよ!

柿澤:うそ!? 台本に書いてあったやん!

松井:知らなかった!(笑)

宮岡監督:素の反応を見たいと思って。

松井:1回カットあって、新しい物(キャンディー)でやると私は思ってたんですよ。なんですけど、カットがかからないから「え!? このままいくの」って思ってちょっと監督を恨みました。

柿澤:この間も松井さんが僕の舞台を見てくださったときに、舞台の感想を言うのかなって思ったら一言目で「わたしのファンの皆さんの間で、あのシーンがすごい話題になっているらしいです」って。そこ言う?

宮岡監督:そうですね。しかも2度撮りました。

松井:2回撮ったんですよ。1回目は“ガッ”って入れたんですけど、「いやそうじゃないんだ!」って言われて。「そうじゃないことがあるの?」って!

宮岡監督:1回目は松井さんが抵抗して無理やり、嫌々入れる感じだったんですけど、「それじゃ駄目なんだ! 抵抗しないでくれ」って…すみませんでした。

松井:いえ。いい経験になりました人生の勉強です。

――千葉さんが角材で殴られるシーンでは?

柿澤:殴ってたね。

松井:はい。殴っちゃいました。

柿澤:ガッツりと。すごいド迫力の感じでびっくりしました。

松井:いや…運動音痴なんですよ。運動音痴で、ここに当ててねって言われてたところに当てられなかったんですよ…本当に申し訳ないです!

柿澤:すごい気持ち良かったです(笑)。

宮岡監督:本当はカメラの画角で工夫をして、当てていないのを当てるように撮るっていう予定だったんですけど、ただカメラマンさんが構えたアングルが、どう考えてもこれ実際に当てないと成立しないだろうっていうふうに現場で思っていて…心の底で「松井さん当ててくれ、当ててくれ」ってすごい願っていたところ顔面にクリーンヒットして、本当にありがとうございます!

――松井さんの中で、カメラ位置とか分かってた?

松井:分かってました!

柿澤:わざとかい! おい(笑)。

松井:撮影用の柔らかいやつだったんで。

柿澤:そういうことにしておきましょう。でも、結構な勢いでしたからね。

松井:腰、入ってましたからね(笑)。

(2)へ続く

映画「gift」
コロナシネマワールド系ほかにて上映中

キーワード