「東京アイドルフェスティバル2014」が開幕! お忍び観覧の松井玲奈が指原莉乃にばらされる!!

2014/08/03 05:08 配信

「東京アイドルフェスティバル2014」で熱唱するHKT48

「東京アイドルフェスティバル2014」で熱唱するHKT48

日本最大級のアイドルフェス「東京アイドルフェスティバル2014」(TIF2014)がフジテレビ湾岸スタジオなど東京・お台場の青海特設会場で開幕。8月2日(土)、3日(日)の2日間にわたって行われるこのフェスには昨年、111組のアイドルが登場。延べ3万3000人のファンを動員し、今や夏の風物詩となった一大イベントだ。5年目となることしは138組ものアイドルがエントリーし、初日は絶好のコンサート日和の天気の中で、HKT48らさまざまなステージでアイドルとファンが盛り上がった。

138組のアイドルのうち、2日間で30組ほどの選ばれしアイドルだけに立つことが許されるメーンステージ・HOT STAGEは、フジテレビのイベント「お台場新大陸」のコンサート専用会場「新大陸 Great Summer スタジアム」で開催。栄えあるトップバッターは、男装ユニット・風男塾が務めた。弟分のTHE HOOPERSとAXELLの2組も登場し、エネルギッシュなパフォーマンスを見せた。NHK大河ドラマ「軍師官兵衛」にも出演の吉本実憂らが所属するオスカープロモーションのX21は、9月24日(水)に発売の3rdシングル「ハッピーアプリ」を初披露した。

続いて、講談社が主催する女性アイドルオーディション「ミスID2013-2015」のステージでは、8月1日発売の雑誌「FRIDAY」で発表されたばかりの「ミスiD 2015」セミファイナリストたちが大集結。バンドじゃないもん!の甘夏ゆず、Peach sugar snowの桃香らアイドルグループ所属メンバーらが思い思いのアピールを行い、さらには元あやまんJAPANのファンタジスタさくらだが6月14日に誕生したばかりの第一子をだっこしながら「ママになってもアイドル目指します!」と宣言する一幕も。そして、ミスiD2013グランプリ・玉城ティナ、同2014・蒼波純らミスiDメンバーたちが参加してシンガー・大森靖子書き下ろしの「カラフループ」を熱唱。朗読やラップ、Tシャツを脱いでの水着アピール、インド舞踊も盛り込むなど組曲的な壮大な曲で会場を盛り上げた。大森もソロで登場し、アカペラから始まる「さようなら」を歌いながら客席を走り回る過激なパフォーマンスで会場をさらにヒートアップさせた。

お昼を過ぎて、AKB48グループから前回に引き継いて参加のHKT48が登場すると、ファンは大興奮。3rdシングル「桜、みんなで食べた」から指原莉乃は「今日は声出していくぞー!」と会場をあおり、AKB48の「君のことが好きだから」の博多弁バージョンである「君のことが好きやけん」そして、デビューシングル「スキ!スキ!スキップ!」では足を大きく振り上げるスキップの脚線美でもファンを魅了した。

MCタイムでは「はい!」と村重杏奈が手を挙げると、指原莉乃は「アイドルファンがいるから、しゃべらない方がいいんじゃないの」と過激なツッコミ。だが、それにめげず村重は「いつものやらせてもらいます! せーの」と声をかけると、会場全体で「めんたいこポーズ」を披露。それに大使指原は「去年よりはやってる! 後ろの方までみんなやってたよ」と大感激していた。

さらに、13歳ながら強めのキャラで「ボス」と呼ばれる田中菜津美が「総選挙2位のさっしーの意気込みはどうですか?」とぶち込むと、指原は「2位いじるなよ! 2位をばかにするな! 2位いじっていいポジションじゃないからね!」とタジタジに。だが、指原も負けじと「知らない人もいると思うので説明したいんですけど、この子(田中)はHKTで選抜に入ったこと1回もないんですよ!」と暴露すると、田中は「きょうって自由参加じゃないんですか?」と大ボケをぶちかまし、MCでも会場をどっと沸かせた。

一旦、田中と秋吉優花の二人がMCを任されるが、「絵面が地味な二人二人なので」とすぐさまハケて、次の曲へ。AKB48チームZの曲である「恋のお縄」では法被を着て、「おいさ! おいさ!」と会場をさらにエキサイトさせ、「ウインクは3回」「言い訳Maybe」「大声ダイヤモンド」と畳み掛けていく。

次のMCパートでは、「やっちまったこと」のお題で矢吹奈子、田中美久の「なこみく」として人気の中学1年生コンビの12歳の田中美久が「スタッフさんとメンバーのいる前でおならをしてしまった」と大胆告白。さらに、13歳の矢吹は「プロフィルに身長138cmって書いてあるんですけど、実は137.7cmでしたー!」と明かすと、指原は「なこ、嘘ついたってこと? やばい、警察呼ぼ!」と、からかう。矢吹が「逮捕されたらママに会えなくなっちゃう」と恥ずかしがり、観客からは「かわいい!」の大合唱。すると、指原は「今『かわいい』って言った人、全員逮捕でーす! おまわりさーん、ここ“予備軍”いますから気をつけてください!」とツッコんだ。そこに田中が加わり、「そんなこと言ったら、さっしーだって『彼氏いたことない』とか言ってたのに!」とツッコまれ、指原は「私それで、1回福岡の刑務所に飛ばされ…ってバカ野郎! やめなさい!」とノリツッコミで締めくくった。

さらに、既に一部の観客には気付かれていたが、指原が関係者席にてお忍びでライブを観覧していたSKE48・松井玲奈に向け「松井玲奈、盛り上がってる!? 松井玲奈はプライベートでベイビーレイズを見に来てるんですよ!」と呼びかけ、その存在を暴露する一幕も。

最後に福岡の名所を歌詞に織り込んだ「HKT48」、会場にサイン入り色紙を投げ入れながら「ロックだよ、人生は…」、オーラスは頭とタオルを振り乱しながら「メロンジュース」を熱唱。まさに同曲のようにジューシーで、フレッシュなステージを展開し、ファンに必死に手を降って会場を後にした。

続いて、「1000年にひとりのアイドル」橋本環奈率いるRev.from DVLは、「LOVE-arigatou」「Do my best!!」などを披露。橋本は「初参戦なんですが、先ほどのHKT48さんも同じ地元ですし、東京女子流さんはメンバーとライブを見に行ったことがあります。このステージに一緒に立つことができてすごくうれしく思います!」と感激していた。

その後、東京女子流、ベイビーレイズ、アフィリア・サーガ、夢みるアドレセンス、愛乙女★DOLLと続き、AeLL.が登場。9月14日のコンサートで無期限活動休止が決定しているAeLL.だが、「永遠の記憶」などを5曲連続で披露するなど安定感のある歌唱力で聞かせた。

そして、paletは8月27日(水)発売の「VICTORY」などを披露。体調不良のため、りーちゃんこと井草里桜菜が休演となってしまったが、リーダーの藤本結衣は「初のHOT STAGEです。りーちゃんの分も力を合わせてまで頑張ります!」と意気込み、メンバー同士の絆の強さをうかがわせた。

年に一度のアイドルとファンの祭典「東京アイドルフェスティバル2014」は8月3日(日)も同会場で開催される。

「東京アイドルフェスティバル2014」
(英語表記:TOKYO IDOL FESTIVAL2014)
8月2日(土)・3日(日)朝10:00-夜8:00
東京・お台場、青海周辺エリアにて開催
前売り:2日通し券 8800円/1日券 各日5000円(入場日指定)
当 日:2日通し券 9500円/1日券 各日5500円
【HP】www.idolfes.com/2014